ステルス家電が楽しい!

#マッドフット(MAD FOOT!)ー ブランド図鑑 vol.310

2001年、今井タカシ(Takashi Imai)によって東京・原宿にてスタートしたスニーカーブランド"マッドフット(MAD FOOT!)"。今回は、「履くことでオシャレになる」をコンセプトにした同ブランドについてご紹介する。

出典元:photo by madfoot_jp

2001年、今井タカシ(Takashi Imai)によって東京・原宿にてスタートしたスニーカーブランド"マッドフット(MAD FOOT!)"。今回は、「履くことでオシャレになる」をコンセプトにした同ブランドについてご紹介する。

目次

ブランドの成り立ち

2001年、今井タカシ(Takashi Imai)によって東京・原宿にてスタートしたスニーカーブランド"マッドフット(MAD FOOT!)"。ブランド設立前はスニーカーショップで経験を積んだのち、ヴィンテージスニーカーの買い付けなどを行う傍ら、ラップグループ「ガスボーイズ」に所属しメジャーデビュー、日本のヒップホップシーンでも活躍するなどの経歴を持つ。1999年に独立し、2000年には"アトモス(atmos)"に入社。"ナイキ"、"リーボック"、"FILA" などの別注を手掛けていた。2001年には、自身のオリジナルブランドとして"マッドフット(MAD FOOT!)"をスタート。2002年にはブランドと共に独立し、活動を本格化させている。

"マッドフット(MAD FOOT!)"について

「履くことでオシャレになる」をコンセプトにした、日本のスニーカーブランド"マッドフット(MAD FOOT!)"。ブランド名は、レゲエのコンピレーションアルバム「MAD」に由来している。最初のアイテムは、「サンプリング」や「リミックス」といった手法を取り入れたクリエーションで爆発的なヒットとなった。その後、ヒップホップよりもJAZZに傾倒し始めた創立者兼デザイナーの今井タカシ氏が2012年にブランドを離脱。現在は、「原宿カルチャーを世界へ発信する」をテーマに、グローバル展開を行なっている。価格帯は2,000円から5,000円ほど。公式サイトの他、イオンや取扱いのある量販店などで購入可能だ。

「MAD SPESSO〈マッドスペッソ〉」photo by madfoot_jp

出典:https//www.instagram.com

公式サイト

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい