この記事を読んだ人におすすめの記事×

ワーム トウキョウ(WORM TOKYO) ショップ紹介ー#24

2013年に中目黒でオープンして以来、東京に留まらず、世界にスニーカーを発信し続けるショップとして、国内外で広く支持を集める「ワーム トウキョウ(WORM TOKYO)」。今回は、昨年2018年8月に原宿エリアに移転し、"Tokyo Sneaker Archives"をコンセプトに、最新のコラボスニーカーやテクノロジーモデルまで、幅広い品ぞろえを誇る同店をご紹介する。

出典元:https://cdn.fashionsnap.com

2013年に中目黒でオープンして以来、東京に留まらず、世界にスニーカーを発信し続けるショップとして、国内外で広く支持を集める「ワーム トウキョウ(WORM TOKYO)」。今回は、昨年2018年8月に原宿エリアに移転し、"Tokyo Sneaker Archives"をコンセプトに、最新のコラボスニーカーやテクノロジーモデルまで、幅広い品ぞろえを誇る同店をご紹介する。

目次

「ワーム トウキョウ(WORM TOKYO)」とは?

「ワーム トウキョウ(WORM TOKYO)」は、2013年に中目黒オープンして以来、最新スニーカーから、80sのオリジナルモデル、90sのデッドストックモデルまで幅広いラインナップが魅力のスニーカーショップだ。ショップの中でスニーカー史を自由自在に巡ることができ、"Tokyo Sneaker Archives"のコンセプト通り、まさにスニーカーの博物館的存在となっている。また、スニーカーショップという枠組みを超え、多様な人々が集まる場所、皆がリラックスできる空間作りを志向している点も、大きな魅力の1つだ。2018年には原宿エリアへ移転し、売場面積を旧店舗の約5倍に拡大した。新店舗は、原宿エリアと千駄ヶ谷エリアの間、1階にユニオン トウキョウ(UNION TOKYO)が入居するA*G神宮前2丁目ビルの2階。コンセプトを意識し、内装は博物館のようにアイテムが見やすいシンプルな空間を意識したという。

ワーム トウキョウ(WORM TOKYO)

出典:https//hypebeast.com

商品ラインナップの特徴は?

30坪弱の広々としたインダストリアルな店内には、常時1,000〜1,500足をストックすることができるという。エア ジョーダンやエア マックス、THE TENシリーズなど「ナイキ(NIKE)」のアイテムを中心に陳列し、「アディダス(adidas)」や「ヴァンズ(VANS)」「ニューバランス(New Balance)」などの新古品スニーカー約1,500足を取り扱う。また、100万円を超える金額で取引されることが多い「エアマグ」や「エミネム エア ジョーダン4」といったレアアイテムも並ぶ。同店は、Kim Jones(キム・ジョーンズ)、Ben Baller(ベン・ボーラー)、Sean Wotherspoon(ショーン・ワザーズプーン)など、海外ストリートの重鎮たちをも惹きつける圧巻の品揃えで名声を獲得してきた。店舗を横切るように設置されたディスプレイの下には、年季の入ったシューズボックスがずらりと敷き詰められており、レコードを掘るような感覚でスニーカーを探していると思わぬ出会いがあるはずだ。

WORM TOKYO

出典:https//www.instagram.com

ショップ情報

WORM TOKYO
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 2-26-5-2F
営業時間:火-土/11:00~20:00
     日、祝日/11:00~18:00
     ※月曜は定休日
TEL: 03-6303-4613

公式サイト

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Brandshop新着

      Brandshopランキング

      総合新着

      総合ランキング