この記事を読んだ人におすすめの記事×

コンバース(CONVERSE)ーブランド図鑑 vol. 08

1908年、アメリカ、マサチューセッツ州のビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースが創業したシューズブランド。1909年に降雪量の多い湿地帯でも使用できるラバーシューズを製造開始。その品質の高さから圧倒的な支持を受け、地元の有力企業へと成長する。今や世界の定番スニーカとして今も親しまれている。

出典元:Instagram post by @converse Converse

1908年、アメリカ、マサチューセッツ州のビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースが創業したシューズブランド。1909年に降雪量の多い湿地帯でも使用できるラバーシューズを製造開始。その品質の高さから圧倒的な支持を受け、地元の有力企業へと成長する。今や世界の定番スニーカとして今も親しまれている。

目次

ブランドのなりたち

コンバースの歴史は、1908年、米国マサチューセッツ州モールデンに始まった。ビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースは、降雪量が多く、深い森や湿地帯の続くマサチューセッツ州の地域性に着目し、コンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立。その翌年、雨や雪の中でも作業できるラバーシューズの製造を開始した。彼の見込みは的中し、コンバースのラバーシューズは、その品質の高さから圧倒的な支持を受け、1910年には、従業員350人を擁する地元の有力企業へと成長していった。

コンバース公式サイトより

出典:http//converse.co.jp

コンバース(CONVERSE)について

コンバース(CONVERSE)は、1917年、バスケットシューズとして誕生。「オールスター」をはじめ「ジャックパーセル」「ワンスター」が、代表的なアイテム。現在に至るまでスニーカーの定番として世界的に人気のブランド。100年以上にわたる歴史の中で、スポーツ、ストリート、カルチャー、ファッションなど様々なジャンルで愛された。

また、コンバースの究極のシューズラインとして「コンバース アディクト(CONVERSE ADDICT)」を展開。2008年に発表されてから絶大な支持を受けているハイエンドモデルで、コンセプトはタイトルにある通り”ADDICT(=依存する、中毒)”。ヴィンテージを彷彿とさせる、三ツ星ヒールパッチやプレイヤーズネーム、ソールの厚み等、復刻ならではの特徴も残しつつ、素材もグレードアップさせたビブラムソールやアウトラストを導入することで履き心地により一層磨きをかけ、機能的にも新たに進化を遂げた。

「TimeLine(タイムライン)」

出典:http//converse.co.jp

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Brandshop新着

      Brandshopランキング

      総合新着

      総合ランキング