この記事を読んだ人におすすめの記事×

エコー 銀座店(ECCO GINZA) ーショップ紹介#03

デンマーク生まれの人気靴ブランド"エコー(ECCO)"。「靴は足の事を理解すべきである、その逆はない」という理念のもとに、デザインや販売だけでなく、自社でタナリー(革なめし工場)と靴工場を所有し、その履き心地を追求し続けている。創立者のカール・ツースビーは、「靴は足に合わせて作られるべきである」というイノベーションを起こした最初の靴職人でもある。とくにゴルフシューズは世界の一流プレーヤーをはじめ、愛用者も多い。今回は銀座エリア初となる路面店「エコー 銀座店」をご紹介する。

出典元:Instagram post by @eccojapan ECCO JAPAN

デンマーク生まれの人気靴ブランド"エコー(ECCO)"。「靴は足の事を理解すべきである、その逆はない」という理念のもとに、デザインや販売だけでなく、自社でタナリー(革なめし工場)と靴工場を所有し、その履き心地を追求し続けている。創立者のカール・ツースビーは、「靴は足に合わせて作られるべきである」というイノベーションを起こした最初の靴職人でもある。とくにゴルフシューズは世界の一流プレーヤーをはじめ、愛用者も多い。今回は銀座エリア初となる路面店「エコー 銀座店」をご紹介する。

目次

靴への情熱で、レザーから靴づくりを行うプレミアムブランド、「エコー(ECCO)」。

デンマーク生まれのプレミアムコンフォートシューズ&レザーグッズブランド、エコー(ECCO)。その日本旗艦店「エコー銀座店」が、2016年12月8日にオープンしてから2周年を迎えた。

エコー(ECCO)は、1963年、デンマーク南部にあるBredebro (ブレデブロ)という小さな町で、カール・ツースビーによって創立されたプレミアムブランドだ。世界でも珍しい経営スタイルを持つブランドで、自社でタナリー(革なめし工場)を所有することで原材料であるプレミアムレザーから靴の製造、出荷、店舗運営までを自社で行っている。ひとえに靴への情熱のなせるわざである。特にオランダにある ECCO LEATHER は、その高い品質が評価され、自社製品だけでなく世界中の名だたるブランドにプレミアムレザーの供給を行っているほど。

たった16人から始まったこの会社は、現在約20, 000人のグループメンバーと世界約90カ国でビジネスを展開するグローバル企業にまで成長した今なお、シンプルでタイムレスなデザインと快適な履き心地を追求し、進化を続けている。

“Design Follows Function-Shoe Follows Foot”(デザインは機能に従う=靴は足の機能に従うべきで、その逆ではない)という哲学に基づき、革新的な技術、スカンジナビアのデザイン、伝統技術、そして人間の足はどのように働くのかといった理解が組み合わさった靴を作ることを理念としている。

創立者であるカール・ツースビーは、それまで「足を靴に合わせる」という考え方に基づいて作られていた頃に、「靴は足に合わせて作られるべきである」というイノベーションを起こした最初の靴職人だ。

履き心地の良さに徹底的にこだわったエコーの靴は世界中で愛されており、昨年(2017年) 日本×デンマーク外交関係樹立150周年記念で来日していたデンマーク王国メアリー皇太子妃も「エコー銀座店」を訪れ、レディースのパンプスや、レザースニーカーやバッグのコレクションなどをご覧になったそうだ。

エコー 銀座店 デンマーク王国 メアリー皇太子妃もご来店

出典:https//www.instagram.com

エコー 銀座店で、“シンプリシティ”と“ヒュッゲ”を体感!

「エコー銀座店」は、主要駅からアクセスしやすい銀座の並木通りにある。このショップは世界約90カ国・約3,300店ある直営店舗の中でも、「ロンドン オックスフォード・ストリート店」や「シンガポール マリーナベイサンズ店」など、その国を代表とする店舗にしか採用されない「プレミアムコンセプト」が採用されたショップ。広々とした店内には、北欧特有の木材であるオーク材や高品質なレザーがディスプレイされ、クラフトマンシップとこわだりが随所に感じられる店舗デザインとなっている。足を踏み入れた途端に広がる心地よさは、デンマークデザインの基盤である“シンプリシティ”と“ヒュッゲ”(=デンマーク語で心地よさの意)を体現している。そのコンセプト通りのプレミアムな空間でゆっくり買い物を楽しむことが出来る。

約130平方メートルある店内は、エコーが日本で展開するレディース・メンズ共にカジュアル、フォーマルシューズのみならず スポーツ・ゴルフシューズも豊富に取揃えており、さらにレザーバッグやレザー小物、ケア用品に至るまで 幅広いラインナップを展開。どれも北欧らしいシンプルでタイムレスなデザインなのにクオリティにこだわった高品質なものばかり。「一度履いたらその履き心地の虜になる」と世界中で愛され続けているこのブランドは、スポーツ選手にも愛用者が多いことで有名だ。その秘密は「ダイレクトインジェクション製法」。足の形状をしたラスト(木型)を使い、アッパーとソールを圧着させる方法で、軽量で柔軟性に優れているだけでなく、足(ラスト)の形をそのままミッドソールで再現することができ、これらの特徴がエコーのコンフォート性能を支えるベースとなっている。

1978年、「足に合わせた」機能的で快適なエコーシューズが発売され、瞬く間にヒット商品となった。1963年4月、たった16人の従業員で始まったエコーは、現在約20, 000人のグループメンバーと世界約90カ国でビジネスを展開するグローバル企業にまで成長し、今なお真なるプレミアムブランドとして常に進化を続けている。

店内にはタウンユースの他にスポーツシューズ、キッズコレクション、ビジネスシーンにも使えるスタイリッシュなモデルなど、幅広い品揃えがラインナップ。その履き心地に魅了された人が、大切な人にギフトとして贈ることが出来る。まるで手袋のような履き心地を目指したというエコーのシューズは、タイムレスなデザインも相まって、誰にプレゼントしても喜ばれそう!他にも上質なレザーを使ったバッグや小物もディスプレイされており、その柔らかなさわり心地に魅了される。
北欧スタイルの居心地よい銀座店。銀座に行った際には、ぜひ一度訪れて試着してみたい。

エコー銀座店 店内

出典:https//www.instagram.com

店舗情報

〒104-0061 東京都中央区銀座3-2-10
TEL : 03-6264-4438

ACCESS :
東京メトロ「銀座駅」B10出口から徒歩2分
東京メトロ「銀座一丁目駅」8出口から徒歩3分
JR「有楽町駅」中央口より徒歩5分

営業時間 : 11 : 00 ~ 20 : 00
定休日 : 不定休

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Brandshop新着

      Brandshopランキング

      総合新着

      総合ランキング