この記事を読んだ人におすすめの記事×

デリケートな革はデリケートケアが大切!ダチョウ革を大切にしよう

天然皮革は、合成の皮革よりもお手入れが少々デリケートです。素材によって変わるお手入れの仕方をしっかり覚えておきましょう!

天然皮革は、合成の皮革よりもお手入れが少々デリケートです。素材によって変わるお手入れの仕方をしっかり覚えておきましょう!

目次

天然皮革の中でも、ダチョウ革は特に柔らかいため非常にデリケートな素材です。
でこぼこした部分がありますので、そこを傷つけないよう慎重にお手入れをしていきましょう。

ブラシでホコリを落とす

シューキーパーを入れて固定したら、まずはホコリを落とすためにブラッシングをします。
革を傷つけないよう、力を入れずになるべく一定の方向に向かってブラシをしてあげてください。

細かい部分は特にしっかり落とす

ソールと革の間はもちろん、全体的にダチョウ革はでこぼこしてしまいますので他の靴に比べるとホコリが溜まりやすくなっています。なので、細かい部分もしっかりとホコリを落としていってください。

デリケートクリームを塗る

まんべんなく塗っていく

まんべんなく塗っていく

円を描くようにくるくると布やクロスで塗っていきましょう。あまり力を入れずに塗るのがポイントです。これで汚れも落ちますし、革に潤いを与えることができます。全体に塗ったら、クリームがついていない面を使って乾拭きしてください。

靴クリームを塗る

カラーのクリームを塗る

カラーのクリームを塗る

黒なら黒色のクリーム、茶色なら茶色のクリームを使います。
色が薄くなっている部分や傷が気になる部分にクリームを塗っていきましょう。傷や色落ちがひどいところにはクリームを多めに塗ってください。クリームを塗り終わったら乾拭きをします。

全体をブラッシングする

クリームを取る

クリームを取る

デリケートクリーム、靴クリームの余った部分を取り除きながらブラッシングをしていきます。この時ブラシは馬毛のやわらかいものを使用し、力を入れすぎないように注意しましょう。

まとめ

最後は撥水スプレーをかければより汚れにくくなります。
革によって力の入れ具合や丁寧にやる箇所も変わってくるんですね。特にダチョウ革は丁寧に扱ったほうが良さそうです。
ダチョウ革のように味のある素材を生かせるように、しっかりとお手入れもしていきましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Care新着

      Careランキング

      総合新着

      総合ランキング