この記事を読んだ人におすすめの記事×

#ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)ーブランド図鑑 vol.47

2009年、アルプスのふもとにあるフランスの小さな街 アネシーで誕生したブランド、"ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)"。創業者たちの「大自然の中を走る喜びをより高めたい」という思いから、まるで空を飛んでいるかのような感覚を得ることができる画期的なランニングシューズが生まれた。今回は、そんな同ブランドをご紹介する。

2009年、アルプスのふもとにあるフランスの小さな街 アネシーで誕生したブランド、"ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)"。創業者たちの「大自然の中を走る喜びをより高めたい」という思いから、まるで空を飛んでいるかのような感覚を得ることができる画期的なランニングシューズが生まれた。今回は、そんな同ブランドをご紹介する。

目次

ブランドのなりたち

フランスのランニングシューズブランド"ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)"は、2009年にフランスの南東部、アルプスのふもとにあるアネシーという街で誕生した。創設者は、ジャン・リュック・ディアード(Jean-Luc-Diard)とニコラ・マーモッド(Nicolas Mermoud)。走ることが大好きな2人は、下り坂を降りる際に感じる快感が得られず苦痛に感じたり、楽しく感じない事もあり、それらを楽しいものに変えたい!という思いからシューズの開発に着手。ジャン・リュックをはじめ、他のシューズメーカーで経験を積んだ各分野のスペシャリストによってチームを作り、膝への衝撃や、つま先の窮屈さから、堅くて細いソールが多かった当時、サーフボードのようなイメージで広く、高く、柔らかく、下り坂を速く走るためのシューズを作りたいというアイディアを実現するために、試作を何度も繰り返した。それまで培った製品開発のノウハウに新しいアイデアを加えていく作業に加えて、アスリートである彼ら自身の経験と、トレイルランニング、アドベンチャーレースのスペシャリストたちのフィードバックも活かされて誕生したのが、"ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)"という画期的なコンセプトを持ったシューズだ。設立から10年ほどの若いブランドながら、ランナーからの急速な支持と注目を浴びつつある。「ホカ オネオネ」というブランド名は、ニュージーランドのマオリ族の言葉で、“Time to Fly(さぁ、飛ぼう)”を意味する。創業者たちが旅の途中にニュージーランドの山頂で、現地のランナーからもらった「今こそ、ホカ・オネ・オネ(マオリ語で「地上に舞い降りる時」)だ」というアドバイスに端を発している。

"ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)" について

「ホカ オネオネ」のフットウェアは、極厚のミッドソールが最大の特徴。まるでマシュマロのような柔らかいクッショニング素材と軽さで、着地時の衝撃を吸収し、極上の履き心地を実現する。ドロップの差を少なくし、つま先とかかと部分を滑らかにそぎ落とした独自のアウトソール形状で、ロッキングチェアーのようなローリング運動を導く「メタロッカー テクノロジー」を採用。また、ミッドソールに搭載された「アクティブフットフレーム」が、足全体をしっかり包み込み、足を踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ。2017年2月から、日本で本格展開を開始。シューズのほか、ランニング後の足をリラックスさせる「リカバリーサンダル」も取り扱う。

Instagram

出典:https//www.instagram.com

公式サイト

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Brandshop新着

      Brandshopランキング

      総合新着

      総合ランキング