google-site-verification: google74e687ba8c672088.html35周年を迎えたReebok「Freestyle」木村カエラとコラボしたシュー… | Shoes Box シューズボックス

この記事を読んだ人におすすめの記事×

35周年を迎えたReebok「Freestyle」木村カエラとコラボしたシューズが登場!

35周年を迎えたリーボックのフリースタイルが、これまで20足以上も買ってきたという愛用者の木村カエラさんとコラボした「Freestyle Hi Kaela(フリースタイル ハイ カエラ)」を発売しました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

Reebokの「Freestyle(フリースタイル)」、一体どんなシューズなの?

Reebokの「Freestyle(フリースタイル)」は1982年に世界で初めての女性用フィットネスシューズとして発売され、大人気となったモデルです。当時、スポーツシューズでは使われていなかった高級ガーメントレザーをアッパーに使い、革がなじむことによって生まれるフィット感を実現しました。

縫い目が少なくシンプルで女性らしさを感じるデザインは、ニューヨークのウォール街で働くキャリアウーマンたちがトレンド最先端の通勤スタイルとして着用したことで人気に火がつきました。その当時「Freestyle(フリースタイル)」が54ドル11セントで売られていたことから、「54.11(フィフティーフォーイレブン)」の愛称で呼ばれていたこともあるのだとか。

Reebokの「Freestyle(フリースタイル)」は、今もリーボック クラシックのウィメンズモデルの定番として多くの女性たちから愛され続けています。

35周年の「Freestyle(フリースタイル)」が木村カエラさんとコラボ!

中学生の頃から「Freestyle(フリースタイル)」を履いているという木村カエラさん。今でもツアーの時にも必ず持ち運んでいるなど「Freestyle(フリースタイル)」がお守りとまで語るほどの愛用者です。発売から35周年目を迎える「Freestyle(フリースタイル)」の節目の年に、木村カエラさんのコラボレーションが実現しました。

「自分の足の形に合っているので、フィット感が高く、履いていても無駄に足が動かず疲れないところ」をカエラさんは「Freestyle(フリースタイル)」の魅力だと言っています。ライブやリハーサルでも「Freestyle(フリースタイル)」愛用していて、全国を回るハードなツアーでは一回のツアーで履きつぶしてしまうこともあるのだそうです。
今では家用、普段履き用、ライブ用と最低でも常に3足「Freestyle(フリースタイル)」を用意し、これまでに20足以上は買い換えていると言う「Freestyle(フリースタイル)」愛用者です。

カエラさんが「Freestyle(フリースタイル)」で特に気に入ってるのは、他のモデルに比べて足が短く見えないところ。足首の形がキレイに見えるようなシルエットなのもポイントだそうです。

10/24発売!「Freestyle Hi Kaela(フリースタイル ハイ カエラ)」

木村カエラさんと「Freestyle(フリースタイル)」がコラボした「Freestyle Hi Kaela(フリースタイル ハイ カエラ)」は、木村カエラさんの誕生日でもある10/24が発売日です。

「Freestyle Hi Kaela(フリースタイル ハイ カエラ)」、ぱっと見ただけでもそのかっこよさが分かります。カエラさんがFreestyleの中で一番よく履くという黒がベースカラーになっていて、そこへカエラさんが大好きな赤を差し色に加えられています。「大好きな靴がボロボロになってもカッコいい靴にしたい」というカエラさんの想いから、アッパーにはスウェード素材が使われています。

機能性にもカエラさんならではのこだわりがいっぱいです。「Freestyle Hi Kaela(フリースタイル ハイ カエラ)」には、脱ぎ履きしやすいようかかとの部分に特別仕様のプルストラップが着いています。インソールには「リーボック クラシック」のロゴを模倣した「Kaela KIMURA」の文字が入り、Reebokのロゴの「k」「Kaela」の「k」ということで赤になっていたり遊び心も満載のデザインです。さらにインソールにも「履くときのお楽しみ」という特別なデザインが施されています。

同じデザインでキッズモデルも展開されているので、親子でのリンクコーディネートも楽しめます。

参考

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング