google-site-verification: google74e687ba8c672088.html足の悩みにとことんお付き合い シューフィッターのお仕事拝見! 銀座ワシントン | Shoes Box シューズボックス

この記事を読んだ人におすすめの記事×

足の悩みにとことんお付き合い シューフィッターのお仕事拝見! 銀座ワシントン

「シューフィッター」という仕事をご存知ですか?「足に靴を正しく合わせる」技術者の名称であり、靴専門店はもとより、百貨店でも有資格者が常駐している注目の資格です。そこで今回はそんなシューフィッターの仕事や役割についてご紹介しましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

シューフィッターってどんな仕事?

photo by writer

photo by writer

シューフィッターって聞いたことはあるけれど具体的にはどんな仕事?どこに行けば会えるの?そんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回、創業85年を迎える「銀座ワシントン本店」のシューフィッター山本等さんに、シューフィッターについて詳しくお話をうかがいました!

「シューフィッターとは、「足と靴と健康協議会(FHA)」が養成・認定している「足に靴を正しく合わせる」技術者の名称です。仕事内容はお客様の足にフィットした靴を選ぶことが基本となります」

山本さんをはじめ、現在75名のシューフィッターが活躍する銀座ワシントン。全店舗に有資格者が常駐しており、フィティングのほか、さまざまな足の悩みの相談に応えています。

「靴は履く人の全体重を支えて歩くための道具であり、極めてシビアな要件を満たしていなければならない商品です。しかも、それに合った足の人に履かれてはじめて完成するアイテムでもあります。私たちシューフィッターの仕事は靴に携わるすべての工程の「仕上げ」とも言えるのではないでしょうか」

photo by writer

photo by writer

デザインが気に入っているのに、履いているうちに痛みが出たり、違和感を感じたりでその靴を諦めてしまった経験、誰でも一度はありますよね。それはもしかすると、シューフィッターによる最後の「仕上げ」がなされていなかったことが原因の一つかもしれません。

合う靴がないと諦める前に!シューフィッターさんに相談しよう

photo by writer

photo by writer

右はぴったりなのに、左はなんだか窮屈に感じる。どうしてもこのデザインの靴が欲しいのに小指が当たる……。既成靴に悩みはつきものといっても過言ではありません。こんなものかと諦めるその前に、ぜひシューフィッターに相談をして欲しいと山本さんはお話くださいました。

「シューフィッターは足の長さや甲の高さなどを測定させていただき、何が痛みや違和感の原因になっているかを探ります。そして、器具を使って調整をしていきます」

人間の体は左右非対称であり、利き足がどちらかによっても足のサイズや形は変わってきます。そのため、オーダメイドの靴以外、既成の靴でトラブルがない靴を見つけるのは難しいとのこと。シューフィッターは、そんな既成の靴を、その人の足に合う靴の仕上げる職人とも言えます。

「靴の調整だけではなく、足だこや魚の目、外反母趾など足に関わるお悩みにも可能な限り対応させていただいております。靴選びの際はぜひ、お気軽にシューフィッターに声をかけてくださいね」

確かに、シューフィッターという言葉は知っていても、靴を購入する際、シューフィッターさんを探して状態を診てもらうという人は少ないかもしれません。また、なかには自分の足の正しいサイズがわかっていないという人も……。

「接客に当たったスタッフがシューフィッターの資格を持っている場合ももちろんありますが、少しでも足のお悩みがある場合や、選ばれた靴が合わないと感じた場合、シューフィッターにご相談ください。足長、足幅などを簡易計測する「フットゲージ」で測定し、左右の足の形を確認させていただくことでフィットした靴をご提案させていただきます。測ってみると自分が思っていたサイズと実は違っていたということもあります。また、履いているうちに合わなくなって来た場合も再度調整させていただくことも可能です」

靴を選ぶときはシューフィッターの相談を!覚えておきましょう。

自分の足に合った靴で歩く喜びを

photo by writer

photo by writer

靴がなければどこにも行くことができないわたしたち。体の一部といっても過言ではない靴なのに、外出する際、デザインを選ぶか、履きやすさを選ぶかで靴を選んではいませんか?それってよく考えるとちょっと悲しいこと。せっかくおしゃれをしたのに、デザイン重視で選んだことで足が痛くなったり、靴擦れを起こして絆創膏のお世話になるなんて、テンションが下がってしまいますよね。かといって履きやすさだけで選んだ結果、服のコーディネートにそぐわないともなると、その日の気分が台無しに……。体の一部である靴は、もっとこだわるべきアイテムであって良いはず!

「足の悩みにとことんお付き合いをするー。それが銀座ワシントン・シューフィッターの共通の思いです。お選びいただいた靴が足に合わない場合、調整をさせていただくことはもちろんですが、同じサイズでもメーカーによって多少変わることがあります。その場合はお客様のお好みのデザインをお聞きした上でおすすめさせていただくことも。体の一部である靴を最初から妥協するのではなく、可能な限り足にフィットした靴をお選びいただきたい。わたしたちはシューフィッターの専門知識を持って、お手伝いさせていただきます」

お気に入りの一足が見つかったら、シューフィッターさんにぜひ相談を。その靴は、きっとあなたの足を支える、大切な宝物になってくれることでしょう。

DATE

銀座ワシントン銀座本店 / ギンザワシントギンザホンテン
住所:東京都中央区銀座5-7-7 B1F
電話: 03-3572-5911(代表)
営業時間:11:00-20:30

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング