この記事を読んだ人におすすめの記事×

新登場!RANDAのKIDSシューズなら大人顔負けの足元になれちゃう

おしゃれに敏感なママからも人気を集めている「RANDA」。ついに「RANDA」からKIDSシューズが発売されます。親子リンクコーデも楽しめて、おしゃれが2倍3倍楽しくなります。カジュアルなスニーカーから、大人顔負けのファー付きフラットシューズまで、見ているだけでもわくわくするシューズが勢ぞろいです。

おしゃれに敏感なママからも人気を集めている「RANDA」。ついに「RANDA」からKIDSシューズが発売されます。親子リンクコーデも楽しめて、おしゃれが2倍3倍楽しくなります。カジュアルなスニーカーから、大人顔負けのファー付きフラットシューズまで、見ているだけでもわくわくするシューズが勢ぞろいです。

目次

若い女性からおしゃれなママにも人気の「RANDA」

photo by writer

photo by writer

「RANDA」は最先端のトレンドを押さえながらもお手頃な値段でおしゃれなシューズが手に入るので、若い女性からおしゃれに敏感なママの間でも大人気のブランドです。オフィスでもデートでも履けるトレンド感あるパンプスや、保育園に送った後オフィスまで走れるパンプスもあります。
また、子どもが一緒でも履ける低めのヒールのもの、ヒールのないフラットシューズ、スニーカーやブーツまで、女性が求めるおしゃれな靴が揃っています。

シューズだけでなくアパレルやバッグやアクセサリーも揃っているので、トータルコーディネートも楽しめます。

関東地方を中心に全国にショップがあります。「RANDA」のオンラインショップはとても見やすいです。お買い物はもちろん、欲しい商品がきちんと分類されているので探しやすいので、ショップに行く前の予習もできてしまいます。

男の子とも親子リンクコーデができる!RANDAのKIDSシューズ

photo by writer

photo by writer

待望のKIDSシューズが販売された「RANDA」。これまであらゆる女性が求めるシューズを生み出してきた「RANDA」だけあって、女性が求めるKIDSシューズもさすがと言えるほどママが求めていたKIDSシューズが揃っています。大人も履きたいと思ってしまうKIDSシューズの登場です。

ママとお揃いで楽しめるバレエシューズやふわふわのファーがついたトレンドシューズが目を引きます。ママのサイズは22.0~25.5cm、KIDSのサイズは15.0~18.0cmです。

「RANDA」のKIDSシューズだからと言って女の子としか親子リンクコーデを楽しめないと思っていませんか? 「RANDA」のKIDSシューズからはスニーカーとスエードモカシンシューも登場しているので、男の子とも親子リンクコーデを楽しむことができます。男の子のおしゃれなシューズはなかなか珍しいので、男の子ママも要チェックです。

かわいいだけじゃない!ママ目線のこだわりポイントもしっかりクリア

photo by writer

photo by writer

かわいいだけが「RANDA」のKIDSシューズではありません。KIDSシューズは履き心地の良さ、脱ぎ履きのしやすさもママとしては重要視したいところ。もちろんママ目線でも十分満足できるしっかりとこだわったシューズになっています。

足首にストラップが付いたバレエシューズは、お子さんでも一人で脱ぎ履きしできるようストラップはマジックテープになっています。中にはインソールが入り、足当たりも柔らかくお子さんも大満足の履き心地です。

「RANDA」のKIDSスニーカーはアッパーにファスナーが付いているので、スニーカーを脱がせたり履かせたりするのも楽々です。レッド、グレー、ブラック、ホワイトと男の子でも女の子でも履きこなせる定番カラーなので、コーディネートの幅も広がります。

今年のトレンド、ファーシューズは履きこみ口のサイドにゴムが入れられています。インソールはスポンジ入りで足当たりが柔らかいので長時間履いても疲れ知らずです。

photo by writer

photo by writer

25店舗とオンラインショップの限定販売です

photo by writer

photo by writer

全国にショップのある「RANDA」ですが、KIDSシューズの販売は25店舗での限定販売となっています。神奈川県、大阪府、京都府では3店舗以上で取り扱っていますが東京都や愛知県、兵庫県では1店舗のみ、また店舗で販売されない県も多いので直接入手するのは難しい方も多いでしょう。

オンラインショップでは9月15日10時から予約販売が始まっていますので、気になる方はホオンラインショップをチェックしてみてください。

参考

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング