この記事を読んだ人におすすめの記事×

世界で人気のオニツカタイガー「MEXICO 66」の新作をチェック

海外でも人気のオニツカタイガー。今回は特に話題性のある「MEXICO 66」の新作をメンズ・レディース共にご紹介します。

海外でも人気のオニツカタイガー。今回は特に話題性のある「MEXICO 66」の新作をメンズ・レディース共にご紹介します。

目次

クールなMADE IN JAPANのオニツカタイガー MEXICO 66

欧米でもそのスタイリッシュさが人気を博しているオニツカタイガー。元はシューズブランドのアシックスの前身であったこのブランドは、新作が出るたびに世界中でヒットしています。

その中でも一番人気モデル「メキシコ66(MEXICO 66)」の最近のトレンドといえば、ファブリック素材とのコラボレーション。

オニツカタイガーの印となっているアッパー横の4本ラインも健在で、よりスタイリッシュな作品が生まれています。

メンズ・レディース兼用:MEXICO 66 SLIP-ON

ファブリック素材を使用することで、カジュアル感が増しているMEXICO 66最新モデル「MEXICO 66 SLIP-ON」。

生成りのような風合いと4本ラインが見事に融合。アウトソールのつま先は前上りになっているデザインはそのままです。

新作のもう一つの特徴は、シューレースホールを通さないデザインだということ。ホールはMEXICO 66をクールに仕上げるためのディテールとなっています。

スリッポンのような機能性を兼ね備え、ますますパワーアップしています!

SLIP-ONだけでカラーバリエーションは豊富。MID BROWNやGREYのベーシックなものもあれば、WINTER PEARなどアクセントになりそうなカラーも展開していて、選ぶ楽しさもありますね!

メンズ・レディース兼用:INDIA INK/INDIA INK

アッパーにはパッチワークのようなファブリック素材を使用した、INDIA INK。デニム調の色合いでポップです。

4本ラインもグラフィックに溶け込み、MEXICO 66だと思わせないようなデザインが鮮やか。

ボトムスのデニムとも相性が良くなりそうですし、あえて外すカジュアルコーデに合わせても楽しそうですね。

メンズ・レディース兼用:SILVER/SILVER

ツヤ感を抑えたメタリック

ツヤ感を抑えたメタリック

アッパーのすべての部分をメタリックカラーにしたこのアイテム。ラインの切り返しなど細かい部分でMEXICO 66らしさを感じるクールな仕上がりになっています。

カラー展開はシルバーともう一つゴールドがあり、どちらも1度目にすると忘れらないインパクトを感じます。

レディース:MEXICO 66 ESPADRILLE BLUE/WHITE

ファブリックブランドとして君臨しているマクモ(makumo)とコラボして誕生したシューズ。

アッパーには大小さまざまなスターを描きかなりポップな雰囲気♪MEXICO 66ラインとしては珍しい、アウトソールがウェッジのフラットタイプになっているのはレディースならではです。

また同コラボとしてハイカットスニーカーも登場。こちらは白を基調としたシンプルな風合いで、アッパーにパンチングが施されています。

こちらもアウトソールはウェッジタイプでガーリーさがプラス!

レディース:TORA/MOMOIRO

ピンク×ブラックのグラフィックがキュートな一品。TORA/MOMOIROカラーはシューレースは履き口をピンクで締めたまさにレディーススニーカー♪

インソールの中にはもちろんオニツカタイガーのトレードマークを刻印。シルエットはオニツカの特徴である細いタイプなので、グラフィックが鮮やかでもコーデに取り入れるとスッキリとした印象になりそうです。

レディース:OFF-WHITE/SLIGHT

冬の時期にファッションアイテムで取り入れると可愛くなる、ツイード柄のMEXICO 66。温かみのある質感とオニツカのラインのメリハリが効いたデザインです。

カラーはピンク系とイエロー系の2色。おすすめポイントはシューレースがリボン素材になっていること♪女性らしい優しさを感じる一品で細かいこだわりを感じますね。

毎回目が離せないMEXICO 66

今回はオニツカタイガーの一番人気、MEXICO 66から新作をまとめてみましたが、いかがでしたか?

細身のシルエットはそのままに、オニツカのラインを残しつつ素材でトレンドを楽しんでいます。今回はファブリックブランドともコラボしているように、アッパーの素材のこだわりを感じるアイテムがたくさんありました。

メンズ仕様なものはレディースサイズもありますし、レディースだけのデザインも捨て難いです!

ぜひチェックしてみましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング