この記事を読んだ人におすすめの記事×

ブーティに合うスタイルはどれ?ブーティを履くときのポイント

数年前からオシャレアイテムとして人気沸騰中の「ブーティ」。でもどんなコーデをしたら良いのか悩む・・・。今回はブーティを履くときの、コーデのポイントなどをまとめました。

数年前からオシャレアイテムとして人気沸騰中の「ブーティ」。でもどんなコーデをしたら良いのか悩む・・・。今回はブーティを履くときの、コーデのポイントなどをまとめました。

目次

ブーティってどんなアイテムなのか?

アンクル丈のブーツ

アンクル丈のブーツ

数年前からファッション界に現れているトレンドアイテム「ブーティ」。ブーティとはくるぶし丈のブーツで、ショートブーツより短く、パンプスより長いフットウェアになります。

ブーティはその丈の短さから、足首が見えるようなデザインで、足長効果や美脚効果を発揮すると言われています。

またスカートやパンツなどどのコーデにも合うことから、街中の女性の足を彩るアイテムになりました♪

どんなスタイルに合うのか

足首を見せると綺麗に見える

足首を見せると綺麗に見える

アンクル丈という今までになかった長さなので、どんなスタイルに合うのか悩みますよね?ブーティは少しポイントを押さえることで、綺麗に見せることができます。

・パンツルックはスキニーなどがおすすめ
細めのシルエットのボトムスと合わせると綺麗になります。

・パンツスタイルは足首を露出させてもOK
足首を10cm以内で露出させると、抜け感があるコーデになります。

・アイテムやタイツの色と合わせる
特にスカートスタイルは、アイテムの色とブーティを合わせると統一感が出ます

・ヒール高めなら足元が綺麗になる
ヒールが高めのブーティは足長効果もあり、美脚に見せてくれます

以上がブーティを履くときのコーデのポイントです。では早速みんなのブーティコーデをチェックしてみましょう

スキニーパンツ×ブーティ

SHOE BAR Deesseのアンクルブーティ

SHOE BAR Deesseのアンクルブーティ

ブーティーはスキニーなどデニムパンツとの相性がGOODなアイテム。デニムの裾をロールアップし、足元を少し露出させるのがポイントです。

ウェッジヒールだと足元を重めにし、全体的にしっかりしたコーデになります。

ORiental TRaffic スエードブーティー

ORiental TRaffic スエードブーティー

ブラック×ブラウン系のコーディネート。トップスや帽子を黒でまとめたら、ボトムスとフットウェアをブラウンで統一。

ボトムスとブーティの色味が似ているので、コーデもスッキリしています。こちらのブーティはアニマル柄なので、他アイテムをシンプルにするとGOOD。

ワイドパンツ×ブーティ

index シンプルブーティー

index シンプルブーティー

ブーティはスキニーパンツなどによく合いますが、今人気のワイドパンツともマッチするアイテムなんです♪

手首と足首の両方を露出すると、オシャレなコーデになります!

DRESKIP レザー調ブーティー

DRESKIP レザー調ブーティー

逆に足首を見せずレッグウェアとレイヤードしたブーティスタイルも良いです。

これが普通のブーツになると、全体的に重めのコーデになりますが、ブーティを持ってくることで、軽やかになります。

ロングシルエットのワイドパンツの足元を、キュッと引き締めるのがブーティです。

スカート×ブーティ

index シンプルブーティー

index シンプルブーティー

トップスとブーティのカラーを合わせたコーデ。これを守ればブーティコーデも難しくありません。

スカートはindexのフェイクスエードスカートのカーキカラーになり、より季節感を感じますね♪

ストライプやタイツの色と合わせる

ストライプやタイツの色と合わせる

ストライプスカートなど柄物のスカートなら、柄に使用されている色とブーティを合わせます。

個性的なスカートも上手く他アイテムと調和されていますね!

ワンピース×ブーティ

N.(N. Natural Beauty Basic) バックジップブーティ

N.(N. Natural Beauty Basic) バックジップブーティ

季節感のあるnitcaのサテンフレア。さらっとした一枚ですが、袖のボリュームで可愛らしさも出していますね。

クラッチバッグとブーティの色味を合わせると、素敵な統一感が演出できます。

Spick & Span サイドゴアレザーブーティー

Spick & Span サイドゴアレザーブーティー

こちらのワンピーススタイルは、ブーティのカラーと合わせた小物は見当たりません。しかしネイビーにダークブラウンのブーティにすることで、少し軽めの印象に。

ブラックでも合わないことはありませんが、こちらの方が足元が軽やかに見えますね。

ポイントに気をつけるとオシャレになるブーティ

今回はブーティを履くときのコーデのポイントなどをまとめましたが、いかがでしたか?

アンクル丈という足元に目がいくデザインは、足首を少し露出するとオシャレになります。初心者ならパンツルックはスキニーがおすすめ。またワイドシルエットの引き締めアイテムとしても◎。

スカートスタイルは、他アイテムや小物とブーティの色味を合わせると間違いないコーデに仕上がります。

デザインやカラーなどいろんなアイテムが出ていますので、自分のファッションに合わせて購入してみてください♪

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング