この記事を読んだ人におすすめの記事×

意外と簡単!パンプスのインソールを交換する方法をご紹介

女性らしいシューズの代名詞、パンプス。様々なシーンで活用できるシューズであり、持っていると何かと便利でヘビーローテーションで履くことでしょう。そんなパンプスの傷みやすいインソールって、自分で交換することができるものなのでしょうか?

女性らしいシューズの代名詞、パンプス。様々なシーンで活用できるシューズであり、持っていると何かと便利でヘビーローテーションで履くことでしょう。そんなパンプスの傷みやすいインソールって、自分で交換することができるものなのでしょうか?

目次

パンプスのインソールを交換してみる!

パンプスは何かと履く機会が多い靴ですよね。様々なスタイルにも適合するシューズですので、一足持っておくとヘビーローテーションで使用してしまうものです。ただ、酷使すれば当然のことながら劣化してしまうのは言うまでもない事実です。

特に、インソールの剥がれや破損などが見られるケースが多いです。足に密着する部分ですので、履き心地にも影響してしまうので、なるべく早めに交換しておきたいところですが、実際のところ自分でインソールって交換できるものなのでしょうか?

そこで今回は、パンプスのインソールを自分で交換する方法について紹介していきます。

可能であればインソール自体を取り外そう!

劣化が進んでいます!

劣化が進んでいます!

パンプスのインソール交換において、ターニングポイントとなるのがインソールが外れるかどうかです。強く密着して取り外すことができないタイプの場合は、ほぼ素人では交換は不可能と考えて良いので交換ではなく補修にシフトするようにします。

自分で取り外し可能なパンプスの場合は、まずはインソールを取り外すことから始めます。軽く糊付けしてある程度のものであれば、インソールを少し浮かした状態で接着面を丁寧に剥がしていきます。注意したいのは、無理に剥がしてはいけないという点です!

無理に剥がそうとすると、パンプス側の材質まで剥がれてしまうので、あくまでもゆっくりと丁寧に取り外して下さい。カッターまでは行かないものの、ある程度平べったく切れるものを差し込んで作業すると、簡単に綺麗に取り外すことが可能です。

基本は新品に交換する事になりますが、場合によっては元のインソールを移植して使用することも想定されますので、インソール側も傷つけないようにすることも重要になります。

替えのインソールを作ろう!

替えのインソールも充実!

替えのインソールも充実!

インソールの取り外しが完了したら、替えとなるインソールを作ります。交換用のインソールは数多く販売されていますので、シューズの雰囲気に合ったインソールを購入して下さい。ちなみに、マッサージ効果のあるものや通気性の良い替えインソールがありますので、自分好みのものをチョイスしましょう。

購入した替えインソールは、サイズ的には大きめなものとなっています。ジャストサイズのものはまずなく、自分でサイズを図って切り取る作業が必要になります。と言っても、取り外したインソールのサイズそのままのクローンを作ればよいだけなのです!

実際に貼り付ける!

実際に貼り付ける!

成形が完了したら、実際にパンプス内部に貼り付けます。その前に、パンプス内部をしっかり清掃して、ゴミなどを取り除いて下さい。ゴミを噛んだままで貼り付けると、履いた時に異物感を感じて履き心地にも影響します。

正装が完了したら、パンプス内部とインソールの裏面の、各々の接着面にゴムのりを塗っていきます。ゴムのりは再度交換することを想定して、薄く塗る程度で構いません。そして、インソールを実際に装着してしっかり密着させます。その後、約1日通気性の良い場所でしっかり乾燥させれば完成です!

取り外せないインソールの補修は?

外せないなら上からかぶせる!

外せないなら上からかぶせる!

取り外しが出来ないパンプスの場合は、専門家による交換となるのですが、自分でもできる方法として補修する方法があります。具体的な補修方法としては、新しいインソールを被せるようにして装着する方法です。

被せるということは、単純にシューズ内の面積が狭くなることを意味します。よって、なるべく薄手の替えインソールが必要となります。もちろん、各メーカーも極薄の替えインソールを販売していますので、それを考慮して選んで下さい。

透明なものもある!

透明なものもある!

実際に補修を行う場合、まずはパンプス内部の状態を整えましょう。破損している箇所を平らに加工したり、余計な部分は切り取ってしまうことも重要です。ただ、必要以上に切り取りすぎると、履き心地に影響するので適度な補修を心がけて下さい。

あとは、インソール交換と同様にパンプス内部と替えインソールにゴムのりを付けて、実際に装着してしっかり接着して下さい。この状態で、一度足を通してサイズ的に問題ないかを再確認することも重要です。

これなら誰でもできる!

いかがでしたでしょうか?パンプスのインソール交換と聞くと、ハードルが高い印象があるのですが、今回紹介した方法ならば女性でも簡単に行うことが出来ますね!

専門家に頼めば確かに確実に交換できますが、それなりの費用が発生してしまいます。自分の履くパンプスであれば、自分でメンテナンスしてより愛着を持って履き続けるというのも悪くないですね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング