この記事を読んだ人におすすめの記事×

ブーツって普段どのような保管方法で保管するの?

ブーツは長いものですと膝下くらいまであるので、下駄箱に保管する事ができないケースがあります。ブーツはどのような方法で保管すれば良いのでしょうか?

ブーツは長いものですと膝下くらいまであるので、下駄箱に保管する事ができないケースがあります。ブーツはどのような方法で保管すれば良いのでしょうか?

目次

どのように保管すれば正解なの?

ロングブーツの場合特に困る!

ロングブーツの場合特に困る!

シューズの場合、しばらく履かないアイテムの場合は下駄箱に入れて保管するのが一般的です。狭い玄関の場合には、よく履くシューズのみ出しておいて、他のものは下駄箱に入れて保管したいところですが、ブーツのように高さのあるシューズは下駄箱に入れることができないケースがあります。

また、単純にブーツをそのまま保管すれば良いというだけでなく、様々な点に注意して保管しないと後で困ってしまうことがあります。では、具体的にどのような保管方法がオススメなのでしょうか?

今回は、ブーツをより良いコンディションで保管するためのテクニックについて紹介します。是非参考にしていただき、高級なブーツをいつまでも清潔にコンディションを保ちながら履き続けて欲しいのもです。

ロングブーツはどのように保管すべきなの?

こんな下駄箱があればいいけど・・・

こんな下駄箱があればいいけど・・・

ブーツの保管で最も困るのがロングブーツですよね。下駄箱に立てて入れることはまず難しいですし、狭い玄関なら尚更保管方法を知っておいて効率よく保管したいですよね。

また、ロングブーツを半分に折り畳んで保管したいところですが、それをやると折り目の部分にシワが入ってしまい、せっかくのオシャレなブーツが台無しになります。よって、真っ直ぐな状態で立てたり吊るした状態で保管するようにして下さい。

吊るし保管もあり!

吊るし保管もあり!

最もよい保管方法としては、シューキーパーによる保管があります。ロングブーツ用のシューキーパーもありますので、それをロングブーツ内部に入れて、そのまま玄関で保存して下さい。湿気取りの効果もあるので、清潔感も保つことができます。

他にも、クリップ付きのハンガーで吊るして保管する方法もあります。クリップする部分に跡が残りますが、ポールなどを設置しておけばそこに吊るしてスペースを有効活用することができます。

どの方法においても、ブーツを畳まず1本線の状態で保管することが重要になります。

保管する前に下駄箱とブーツの湿気を取る!

通気の確保も必要

通気の確保も必要

実際にブーツを保管する場所の湿気取りを行っておくことが、ブーツ保管において重要なミッションになります。湿気が高い場所に保管するとブーツに潤いが出て一見メリットがありそうですが、実際はカビが発生するリスクが格段にアップしてしまいます。実際に、ただ保管しておくだけで白いカビが付着した経験がある人が多いですよね。

まずは、下駄箱内部に湿気が高くならないよう適度な換気を行いましょう。ただ、常に換気するのはなかなか難しいですので、下駄箱内部に湿気取りを置いておくと良いです。市販の湿気取りでも良いですし、新聞紙を敷き詰めて湿気取りに使う方法も有効です。

洗って日陰で干す!

洗って日陰で干す!

また、保管する前にしっかりブーツの湿気をとった上で保管することも重要です。せっかく下駄箱が万全の体制となっていても、肝心のブーツが湿気を帯びていては何の意味もありません。

汚れを落としたら、日陰でじっくりと乾燥させて下さい。ポイントは通気性の良い日陰で干すという点です。日向で干すとブーツの革が劣化してしまう恐れが有るためです。

乾燥が完了したら、最後は革用のクリームを浸透させて乾燥させ、下駄箱の中などに保管して下さい。

保管する際の注意点は?

シューキーパーがあればベスト!

シューキーパーがあればベスト!

ロングブーツに限らず、ブーツを保管する際には可能であれば型崩れを防ぐためのシューキーパーを使用することが無難です。型崩れの防止だけでなく、湿気の除去や防菌効果も期待できます。もしシューキーパーは高くて買えないという方は、新聞紙をブーツ内部に入れて収納するだけでも十分効果があります。

たまにはクリームで保湿を!

たまにはクリームで保湿を!

下駄箱の湿気取りも完璧、ブーツの中へシューキーパーを入れているので万全の体制!と思っていたら、実は大間違いです。確かにこれならば、カビも生えませんし形状もキープできます。但し、ブーツの革の部分は常に乾燥した状態となってしまうのです。

保管前にクリームを塗っておいても、いつかはその効果が無くなってしまうのです。そこで、月1回を目安として、ブーツにクリームを塗って再保管するようにして下さい。これにより、革の劣化も防ぐことができますよ。

これで保管で悩む必要なし!

いかがでしたでしょうか?ロングブーツの保管方法で悩んでいる人にとっては目からうろこの情報だったのではないでしょうか?アイデアと工夫次第で、お金をかけずにスマートに保管することができるのです。

ブーツの保管においては、とにかく湿気との戦いがテーマとなります。しっかり湿気対策を行って、常に最高のコンディションをキープしておくことをお勧めします。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング