この記事を読んだ人におすすめの記事×

足にあってないかも?サンダルのサイズ調整はこうすればOKです!

どんなにおしゃれなシューズでも、サイズが合わないと履き心地が最悪ですしサイズが小さい場合は変形しておしゃれさも無くなってしまいます。今回は、サイズが合わない時の対応法について紹介します。

どんなにおしゃれなシューズでも、サイズが合わないと履き心地が最悪ですしサイズが小さい場合は変形しておしゃれさも無くなってしまいます。今回は、サイズが合わない時の対応法について紹介します。

目次

革のサンダルなら少し伸ばしてみる!

シューキーパーで拡張する

シューキーパーで拡張する

ちょっとサンダルのサイズが小さいので、大きくしたいと言う時には、サンダルのサイズを拡大することを考えます。革のサンダルの場合には革を伸ばして足に合うサイズにするということができます!代表的なテクニックとしてはシューキーパーで伸ばすという方法があります。程よいサイズのシューキーパーを購入し、サンダルにはめて型付けします。

革伸ばしスプレーも活用!

革伸ばしスプレーも活用!

シューキーパーによる拡張は少し時間がかかりますので、より効率よく拡張する場合には革伸ばしスプレーを活用しましょう。ホームセンター等でも販売しているもので十分です!適当量をスプレーしてあとはシューキーパーにセットするだけで、簡単に伸ばすことができます。

インソールを使用する!

先の例と逆で、サイズが大きすぎてぶかぶかする場合には、インソールを貼ることがおすすめです。サンダルにもインソール!?と不思議がるかもしれません。ソレもそのはず、シューズと違ってサンダルはインソールが見えてしまうので、ダサさを与えてしまうかが心配されます。実際には、その点を考慮したインソールが販売されているのです。

インソール全体的にペタッと貼り付けるタイプもあれば、つま先やかかとのみ等といった部分的な中敷きもあります。まずは、どの部分がサイズオーバーなのかをしっかりとチェックして、その上で中敷きを購入することが重要です。

ソックス履きで調整するのもあり!

ちょうどよいサイズになる!

ちょうどよいサイズになる!

先ほどのインソール中敷きと少し似たテクニックとして、ソックス履きするという点があります。厚めのソックスを履けば、調度良いサイズで履くことができるのです!気になるのがファションコーディネートとして成立するかどうかでしょうが、最近はソックス履きが非常に人気となっているので、ダサいコーディネートさえしなければ全然問題ないのです。

おしゃれで快適に履きこなそう!

いかがでしたでしょうか?サンダルはおしゃれであればあるほど、足にどこかしら負担がかかるものなのです。それを解消するためには、今回紹介したようなテクニックを駆使する必要があるのです。

特に、オーバーサイズの場合は中敷きやソックスを活用することになります。イケてるサンダルでも、これらが邪魔してダサく見えてしまうと本末転倒です!その点に注意して、スマートにサンダルを履きこなしてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング