google-site-verification: google74e687ba8c672088.html小柄さん必見!ファッショニスタはこう着る!オリビア・パルレモの厚底パンプスコーデ | Shoes Box シューズボックス

この記事を読んだ人におすすめの記事×

小柄さん必見!ファッショニスタはこう着る!オリビア・パルレモの厚底パンプスコーデ

この仕上がりで身長約160センチのオリビア・パルレモさん。スーパーモデルの身長が約180センチの海外においてはかなり小柄な彼女。それでもスタイルの良さ、おしゃれな雰囲気は引けをとらないばかりか、ファッションアイコン・ソーシャライツとして活躍しているんです。どうしたら、そんな風にかっこよくコーディネートできるのか、彼女の厚底パンプスコーデをご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

技あり厚底パンプスでおしゃれにきめる!

黒を基調にシックにコーディネートするのがオリビア流

黒を基調にシックにコーディネートするのがオリビア流

体にフィットしたレザーのワンピースは全体のバランスを良くみせるために、膝上丈をチョイス。全体を黒やグレーなど、同系色で統一することで縦長ラインを強調させ、少し背が高くみえるようコーディネートしています。

厚底パンプスのつま先部分に工夫をプラスすることで、そこまで厚底に見えないこと、おしゃれな靴にみえる効果が。厚底は先が丸いデザインが多いのですが、かっこいいコーデにするならこんなシューズがおすすめです。

履いたらこっちのもの!高級感で制す厚底パンプスコーデ

アイテムで凝ってポイントをそらす

アイテムで凝ってポイントをそらす

厚底の中でもかなりヒールの高い靴を履いている今回のオリビアさん。それでも靴の高さがまったく気にならないばかりか、靴がおしゃれに見えるのは、上質な生地を使った高級な厚底パンプスだから。

厚めのタイツで靴と足をつなげて見せる技もお見事。細いウエストを強調し、ビジューを使ったおしゃれなベルトをon。クラッチバッグだけをオレンジ色にすることで、目線は一気に腰元へ。ヒール部分がゴールドになっているのも素敵なポイントです。

レトロなオリビア・パルレモさんも素敵!

レトロなオリビア・パルレモさんも素敵!

ショートパンツ×生足の厚底パンプスコーデ

生足には丸いつま先のレザー厚底パンプス

生足には丸いつま先のレザー厚底パンプス

合わせ方によっては野暮ったくみえてしまいそうな、紺のシフォン生地トップス×キルティングのショートパンツも、ヘアスタイルをタイトにまとめて、生足を惜しげもなく出し切ることで、爽やかなイメージにまとまっています。

厚底をさりげなく合わせる技が凄すぎて、しっかり見ないと厚底パンプスとは気が付かないレベル!?です。

かっこ&かわいいオリビアの厚底パンツスタイル!

縦ラインの入ったパンツがいい!

縦ラインの入ったパンツがいい!

選んだシャツは一見巣鴨のおばちゃま方とかぶってしまいそうな、腕が透けた黒のフリル付きシャツ。それでも2年前からトレンド入りしたライン入りパンツと組み合わせることで、めちゃくちゃおしゃれに仕上がっています。

アウターは思いっきり柄を取り入れた「ヒョウ柄」に。足元なんて気にならないくらいのボリューム感がある袖元には、大きなイエローのバングルを。外しながらなじませる・・・これがオリビアの厚底ルールになっているようですね。

サテンの赤ならとってもゴージャスに!

サテンの赤ならとってもゴージャスに!

これは真似しやすい!スーツ×厚底パンプスコーデ

厚底でも知的なイメージなのが凄い!

厚底でも知的なイメージなのが凄い!

厚底の靴といえば「渋谷のギャル」が履いているイメージ。職場に合わせるなんてもっての他という印象がありますが、オリビアさんが履けば「あれれ?」アパレル系ならこれで出勤もありなんじゃないか!なんて思ってしまう仕上がりです。

彼女がおしゃれで、それでいていさぎよいのは、何百もあるクローゼットの中の洋服の中から、最も普通のコーデを選んでいること。シャツは襟元が開いたデザインにすることで、すっきりしたコーディネートに仕上げています。

凛とした姿と厚底パンプスの相性抜群!

凛とした姿と厚底パンプスの相性抜群!

厚底パンプスはこんなにも可愛いかった!

いかがでしたか?こうしてオリビアさんのコーディネートを比較してみると、久しぶりに厚底パンプスが履きたくなる気持ちにさせられてしまいますよね。

ポイントは「後ろから見たらヒールは凄いことになってないか!?」なんて気にしないこと。堂々と履きこなすことこそが、おしゃれに見えちゃう秘訣です!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング