この記事を読んだ人におすすめの記事×

なんとか予防したい痛~い靴擦れ!事前チェックと保護パッドで靴擦れとはサヨナラ☆

新しい靴のウキウキ感を台無しにする痛い靴擦れ。違和感を感じた部分を事前に予防することが大切です。保護パッドを使って予防しましょう。

新しい靴のウキウキ感を台無しにする痛い靴擦れ。違和感を感じた部分を事前に予防することが大切です。保護パッドを使って予防しましょう。

目次

新しい靴は靴擦れができるのが不安

新しい靴は靴擦れができるのが不安

新しい靴はテンション上がってウキウキ

試着もしてバッチリ選んだはずの靴でも靴擦れが心配、なんてことよくありますよね。

靴擦れにならないようしっかり予防して、新しい靴で出かけましょう。

靴擦れ対策は痛みを感じたポイントを事前に対策!

靴擦れが起こりやすい場所をチェック!

靴擦れが起こりやすい場所をチェック!

靴擦れが起こりそうな場所は大体決まっています。

1、靴を履いてみてすでに痛みを感じる部分があれば、そこは必ず対策をしておきましょう。

2、履いてから数分、歩いたり、座ったり立ったりしてみて、こすれたり違和感がないか確認しましょう。違和感があればそこも対策しておきます。

3、ハイヒールや実際のサイズより大きめだったりして、靴のなかで足がすべったりしていないか確認しましょう。

靴の中で足が滑っていると感じたら、足の前側で靴擦れが起きてしまうかもしれません!
足裏や足指あたりにぜひ前すべり防止策を取り入れておきましょう。

違和感を感じる場所がどこなのか、事前にチェックして予防していくことが肝心です。

かかとの靴擦れはジェルパッドで防ぎましょう

靴が当たっている部分の足の側に、クッション性のある絆創膏またはテープを貼っておきましょう。

できればかかと用の形のものが、はがれにくく安心です。

毎回靴が脱げて、その靴が当たって痛くなるようでしたら、靴に直接パッドを貼ってしまうのも一つの手です。

足の指や足の裏も保護パッドを使おう!

痛みのある部分を靴擦れから守ってくれる保護パッドが数多く売られています。

水ぶくれができてしまう前に、予防しましょう。

靴擦れ用の絆創膏も売られています

靴擦れ用の絆創膏も売られています

それでも靴擦れになってしまった時は、靴擦れ用の絆創膏も売られています。

キズパワーパッドははがれにくく、しっかり治るので評判がいい絆創膏です。

まとめ

靴擦れ予防法、いかがでしたか?

しっかり対策をして、新しい靴もご機嫌に履いちゃいましょう

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング