google-site-verification: google74e687ba8c672088.htmlPippichic(ピッピシック)の定番、エレガントなラッフルリボンシューズ5選 | Shoes Box シューズボックス

この記事を読んだ人におすすめの記事×

Pippichic(ピッピシック)の定番、エレガントなラッフルリボンシューズ5選

エレガントなラッフルリボンが定番の、Pippichic(ピッピシック)。パーティでもデートでも履けるラッフルリボンシューズ5選をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ゴージャスで上品なPippichic(ピッピシック)のパンプス

ゴージャスで上品なPippichic(ピッピシック)のパンプス

エレガントなラッフルリボンが定番の、Pippichic(ピッピシック)。

卒業式や謝恩会、入学式など華やかな場が増えるこの時期、ゴージャスなパンプスが気になりますよね。

ゴージャスだけど上品で、パーティの後もデートなどで使いたいかわいいPippichic(ピッピシック)のパンプス5選、ご紹介します。

Pippichic(ピッピシック)は2002年にスタートした日本のシューズブランド

Pippichicデザイナー 佐藤葉子氏

Pippichicデザイナー 佐藤葉子氏

2002年に佐藤葉子氏がシューズブランド、Pippi(ピッピ)を設立したことがブランドのスタートです。

佐藤氏は、もともとファッションに関する教育は受けておらず、独学で靴作りを学びました。
OLをしていた時期もあるといいます。

その後、ユナイテッドアローズ原宿店で働いていたとか。
グッと身近な存在に感じちゃいますよね。

Pippi(ピッピ)の靴は、エレガントでいながら日常に溶け込みやすいデザインで、機能性も兼ね備えた特徴を持っています。

シャープでシンプルなデザインのパンプスも多いけれど、フリルやリボンを使うなどフェミニンな要素を取り入れたパンプスも数多く作られています。

ラッフルリボンのパンプスや、ラウンドトゥパンプスなどパンプスが特に人気を集めています。

その後、ブランド名をPippi(ピッピ)から「Pippichic(ピッピシック)」へ変更し、ますます注目されています。

パーティ気分は最高潮バックリボン&ラッフル チュールパンプス

ブラック×ピンクの組み合わせが一層華やいだ印象

ブラック×ピンクの組み合わせが一層華やいだ印象

深い紅色のエナメル素材の光沢感がセクシー&クール

深い紅色のエナメル素材の光沢感がセクシー&クール

ウェディングにも使える上品なグリッターパンプス

ウェディングにも使える上品なグリッターパンプス

Pippichic(ピッピシック)の定番とも言える、エレガントなラッフルリボンパンプス。

どれも、華奢なヒールに細身のシルエットが実に美しく、女性らしい印象です。

かかとにボリュームたっぷりのラッフルとリボンがあしらわれ、一層華やいだ印象になります。

同じように見えますが、ブラック×ピンクは本体がトゥ以外はメッシュになっているので、重すぎず軽やかな印象になります。

深い紅色のエナメルパンプスは、明るすぎない色合いなのでシックな印象です。

ホワイトベースのグリッターパンプスは、ヒール部分がスタックドヒールになっているのでフォーマルすぎないこなれ感が出ます。

どのパンプスも、個性的ながらシックでエレガントなので、華やかな場にはピッタリです。

こなれた印象なので、パーティだけでなくデートなどにも履いていけますね。

ラッフルリボンサンダルも上品でエレガント

ラッフル、サテン、グログランの3種類の質感の違うリボンがエレガント

ラッフル、サテン、グログランの3種類の質感の違うリボンがエレガント

深紅の牛スエードとボリュームあるリボンが上品な印象に

深紅の牛スエードとボリュームあるリボンが上品な印象に

アッパーにボリュームたっぷりのラッフルとリボンをあしらわれた、フェミニンで華やいだ表情のデザインのサンダルです。

ネイビーのラッフルリボンセパレートサンダルはラッフル、サテン、グログランの3種類の質感の異なるリボンが重ねられ、一層上品な印象になっています。

深紅のラッフルリボンセパレートサンダルは、牛スエードの上質な質感に加えこれまた質感の異なるリボンが重ねられています。

ボリュームたっぷりで華やかさがアップしています。

足元から盛り上がる!

エレガントなラッフルリボンが定番の、Pippichic(ピッピシック)5選いかがでしたか?

パーティでもデートでも、足元から気分が盛り上がること間違いなしです

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング