この記事を読んだ人におすすめの記事×

オードリー・ヘップバーンのために創作!サルヴァトーレフェラガモのバレエシューズ

1927年にフィレンツェで創業した「サルヴァトーレ フェラガモ」。その歴史と、多くのファンを魅了してきた靴の中からオススメの一足をご紹介します。

1927年にフィレンツェで創業した「サルヴァトーレ フェラガモ」。その歴史と、多くのファンを魅了してきた靴の中からオススメの一足をご紹介します。

目次

1927年にイタリア・フィレンツェにてシューズブランドとして創業した「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」。

その歴史を振り返り、ハリウッド女優や王侯貴族も愛した靴の中から、オードリー・ヘップバーンのために作られた「オードリー」をご紹介します。

オードリー・ヘップバーンは、生涯フェラガモの靴しか履かなかった!

オードリー・ヘップバーンは、生涯フェラガモの靴しか履かなかった!

サルヴァトーレ・フェラガモの靴屋としての歴史

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)氏

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)氏

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)は、なんと11歳で靴屋を開業します。

そして15歳の時に、靴の大量生産に成功していたアメリカに渡りボストンの工場で働き始めます。
しかし機械で大量生産される靴に失望し、わずか2週間で辞めてしまいます。

その後兄たちが住んでいたカリフォルニアへ移り、そこで兄弟で靴屋を開業しました。

映画関連の靴の制作を請け負うようになり、24歳で兄たちから独立し「ハリウッド・ブーツ・ショップ」という店舗をオープンしました。

サルヴァトーレの作る靴は、マリリン・モンロー、オードリー・ヘプバーン、ソフィア・ローレンといったハリウッド女優たちから大変評判でした。

そして大成功を収め、「スターの靴職人」と名声を得ます。

また、足を痛めない靴を製作するため、南カリフォルニア大学で解剖学を修めました。

サルヴァトーレ・フェラガモ、フィレンツェで開店!

その後、27歳でイタリアに戻ったサルヴァトーレは、フィレンツェのマリネ通りに「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」をオープンします。

当時、イタリアでも機械を使った靴の大量生産が行われていましたが、サルヴァトーレは品質の妥協を決して許しませんでした。

工員をたくさん雇い、それぞれに専門部分を受け持たせる「流れ作業方式」でしたが、すべての工程は手作業で行いました。

その後世界大恐慌や第二次世界大戦などいくつかの危機もあり、倒産したこともありました。

それでも王侯貴族や有名人も含めた多くの顧客は、その履き心地のよさを求めフェラガモは復興したのです。

サルヴァトーレ・フェラガモ、靴作りの信条

「フラットフォームソール」は今で言うウェッジヒールのこと

「フラットフォームソール」は今で言うウェッジヒールのこと

「見えない靴」

「見えない靴」

サルヴァトーレ・フェラガモの靴作りの信条は、流行を追い求めるだけでなく、足にフィットする履き心地の良い靴を作ることでした。

サルヴァトーレ・フェラガモは、顧客の足に触れただけでその人物の体調も分かったとも言われています。

そのためサルヴァトーレ・フェラガモは、誰もが考え付かない形状や素材を利用した靴を生み出しました。

甲部を透明なナイロンの糸で作った「見えない靴」、波状の「ウェッジ・ヒール」、「フラットフォームソール」などを発表し、350もの特許を取得しています。

オードリー・ヘップバーンのために作ったバレエシューズ

サルヴァトーレ・フェラガモがオードーリーのために作った靴「オードリー」

サルヴァトーレ・フェラガモがオードーリーのために作った靴「オードリー」

素材や色が変わっても、決して失われない気品

素材や色が変わっても、決して失われない気品

履き心地を重要視するサルヴァトーレ・フェラガモの靴は、代表的な「VARA(ヴァラ)」をはじめフラットシューズが多いですよね。

そんなサルヴァトーレ・フェラガモが、1950年代に女優オードリー・ヘプバーンのためにデザインしたバレリーナシューズがあります。

その名も「オードリー」。
ストラップが付いた上品なフラットのバレエシューズです。

高いヒールのきらびやかな靴もあこがれますが、きちんと歩けるどこに履いていっても恥ずかしくない気品ある靴。

これこそ一足は持っておきたい、たしなみある女性のための靴ですね。

まとめ

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)の歴史と、オードリーヘップバーンのために作られた靴をご紹介しました。

一足の靴を歴史から見ていくと、また違った印象になりますね。

「オードリー」でヘップバーンのようなステキな女性に少しでも近づけるようになりたいですね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング