この記事を読んだ人におすすめの記事×

欧米人は足が長く、幅が細い人が多い!靴づくりにも反映されているの?

欧米人は足が長く、足の甲も細身中田が多いのが特徴です。当然、その点を意識してシューズ作りがされているわけですが、どのような特徴があるのかについて紹介しています。

欧米人は足が長く、足の甲も細身中田が多いのが特徴です。当然、その点を意識してシューズ作りがされているわけですが、どのような特徴があるのかについて紹介しています。

目次

まずは欧米人の足の特徴を知る

欧米人は、とにかく足が長くて細い方が多いですよね!
その他にも、足の甲が細い方が多くいらっしゃいます。
逆に、日本人には足の甲が広い方が多いのですが、これは履物の文化の違いが挙げられます。
日本人は、草履文化が長く続いていたのですが、逆に欧米人は足をしっかりと囲うシューズタイプが一般的です。
自然と、シューズのサイズに足のサイズも決まってしまい、細くなってきているのでしょう。

細身のデザインが多い!

かっこいいですね。

かっこいいですね。

細い足の甲を意識してデザインされているシューズが多いのが特徴です。
よって、日本人が履こうとすると、履くことすらままならないケースもあります。
見た目という面でいれば、スラっと見えてかっこ良く映るのが良いですね!
足の幅が細くて合う靴がなかなか見つからない、なんて方は日本の靴ではない靴を選んでみるといいかもしれません。

ギリシャ型にあったつま先のデザイン!

つま先に注目!

つま先に注目!

欧米人の足の形状を見ると、ギリシャ型と呼ばれる足の人差し指が一番長いシューズが多いのが特徴です。
よって、ビジネスシューズを筆頭に中央部分が細く尖ったデザインのシューズが多く存在しています。
これがまたカッコいいのですが、日本人には合いにくいのが難点です。

いかがでしたでしょうか?

総じて、欧米人向けのシューズはスタイリッシュでかっこいいですね。
そのシューズを是非日本人も履きたいところですが、どうしても形状的に合わないケースが殆んどですね。
足の形で合う靴がないという方は、日本人向けに作られた靴よりも欧米人向けの靴の方がピッタリくるものが見つかるかも!?
 
中には日本人向けにアレンジされたものもあるので、要チェックですね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング