この記事を読んだ人におすすめの記事×

泥や砂でジャリジャリ。覚えておきたい子どもの靴の洗い方

どうしてこんなに汚してくるんだろうと思ってしまう子どもの靴。はきつぶして捨てていませんか?きちんと洗って大事にすることは子どもの教育にとっても大切ですね。

どうしてこんなに汚してくるんだろうと思ってしまう子どもの靴。はきつぶして捨てていませんか?きちんと洗って大事にすることは子どもの教育にとっても大切ですね。

目次

子どもが家に帰ってきて靴を脱ぐと、靴の中が泥や砂でジャリジャリ……。なんてことはありませんか?

子どもが明日も元気に遊べる靴を用意してあげましょう。

まずは靴の中をチェック

子どもが遊んだ場所は、靴を見ればある程度推測できます。「今日は砂場で遊んだな」「水たまりで思い切りバシャバシャしたな」と、中敷きを取り、靴の中をチェックしましょう。

どろんこは靴を脱いでほしいですね

どろんこは靴を脱いでほしいですね

付けおき洗いで1時間

古い歯ブラシが便利です

古い歯ブラシが便利です

洗い方は、ブラシや古い歯ブラシなどを使って、表面、内部、中敷き、マジックテープの汚れを落とします。そのあと、バケツに30~40℃のぬるま湯をはり、中性洗剤を溶かします。靴全体が浸るようにして、1時間ほど漬け置きします。

落ち切れない汚れには、重曹や歯磨き粉などを使って、もう一度ブラッシング。最後に洗剤をしっかりと流しましょう。洗剤が残ったまま干すと、変色やシミの原因になるので注意が必要です。

風通しの良い日かげで干す

乾いたタオルなどでしっかり水気を取り、かかとを下向きにして風通しの良い日かげで干しましょう。型くずれしないように、丸めた新聞やシューキーパーを入れるといいでしょう。

ハンガーにかけて干すのも◎

ハンガーにかけて干すのも◎

まとめ

すぐ乾かないこともありますし、長持ちさせるには、ぴったりと合う靴を2足用意して、ローテーションさせるのも有効ですね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング