この記事を読んだ人におすすめの記事×

履き古してインソールが弱くなった靴を自分でリペアしてみよう

スニーカー系のシューズの場合は、インソールを如何にコンディションよく保てるかが履き心地に繋がります。そんなインソールのリペアのコツを紹介しています。

スニーカー系のシューズの場合は、インソールを如何にコンディションよく保てるかが履き心地に繋がります。そんなインソールのリペアのコツを紹介しています。

目次

激しい動きをすることが多いスニーカー。
でもスニーカーに限らず、男性用の靴はよく使っているとインソールの革がすぐにヘタってしまいますよね。
革なので基本は頑丈にできているのですが、それでも最終的には破れや穴あきが発生してしまうものです。
そのような状況をうまくリペアする方法があるのでしょうか?

交換するのもいいけど・・・

メンズインソールの革は、交換用というものも充実しています。
それを使えば、わざわざ交換する必要が無いともいえますが、上手に履いていると綺麗に摩耗してそれがまたいい味になるのです。
新品ですと、また一から自分の足にフィットした形状になるまで履き続けなればなりません。
基本的には、部分交換にとどめて、リペアしたほうがお勧めできます!

まずは綺麗に剥がそう!

慎重に行ってください!

慎重に行ってください!

まずは、リペアしたい箇所を最小限の面積でカットしましょう。
剥がす際には、靴の材質も一緒に剥がれないように慎重に行ってください。
また、剥がし残りがあると、新しいものを貼る時に邪魔となりますので、しっかり除去することが重要になります!

新しいインソールを貼り付ける!

ピタッと貼り付ける!

ピタッと貼り付ける!

古いインソールを除去したら、今度は新しいインソールを貼り付けます。
切り取った部分と同じサイズでカットして、あとは接着剤を使用して貼り付けます。
隙間なくピタッと貼り付けないと、履き心地がとても悪くなります。
一発勝負の側面がありますので、慎重に行ってください!

大事な靴はインソール交換で

オシャレ上級者の場合は、あえて純正ではないメンズインソールを使用して張り替える方もいらっしゃいます。
ただ、基本的には破損などをリペアするために行うのがベストでしょう。
インソールが壊れたから新しい靴を買う・・・ではなく、インソールを交換して一生履き続けるのもいいですよね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング