この記事を読んだ人におすすめの記事×

靴の「底」について深く考えてみる!ハーフソールを活用しよう

買ったばかりの靴や、しばらく順調に履いていた靴が、ある時突然痛くなってなんだかしっくりこなくなってしまうのはどうして?ヒールの高い女性靴の場合、その原因はつま先部分のソールの厚さに問題があるんです。ラバーのハーフソールについてご紹介します。

買ったばかりの靴や、しばらく順調に履いていた靴が、ある時突然痛くなってなんだかしっくりこなくなってしまうのはどうして?ヒールの高い女性靴の場合、その原因はつま先部分のソールの厚さに問題があるんです。ラバーのハーフソールについてご紹介します。

目次

靴そのものについているソールをずっと使い続けたいけれど、
レディース靴ってすぐにつま先部分のソールが薄くなってしまうんですよね。

それをそのままにしておけば、
足の裏が地面に接する距離が縮まって、
1時間と持たずに足が痛くなってしまうんです。

見た目は多少悪くなるかもしれないけれど、
ハーフソールの機能は馬鹿にできないんです!

ハーフソールとは?

選べる色はこれだけたくさん

選べる色はこれだけたくさん

ハーフソールとは、パンプスや革靴などの靴裏部分の前半分に張る、
厚さ数mm程度のゴムや革のことを言います。

修理代は約2,000~3,000円ぐらいが相場です。
豪華なものを選択すると6000円になることも。

なぜお金を払って靴底を修理するのか?
どうして新しい靴を買わないのか?

なぜならハーフソールにはメリットがあるからなんです。

すり減った靴底ではすぐに足が痛くなる

ソールが薄くなると足への負担は大きくなるんです

ソールが薄くなると足への負担は大きくなるんです

ハーフラバーを張るメリットは、

・購入時より水が染み込まないので乾かすのが楽になる
・カビが生えづらくなる
・パンプス特有の滑りやすさを防止できる

女性のパンプスって創造以上に滑りやすいんですよね。
しかも足がすぐに痛くなる・・・。

クッション性のあるハーフソールを取り付ければ、
それらがぐんと改善出来るんです。

ラバーの上に張るかor張らないか

張っても見た目は悪くない

張っても見た目は悪くない

レザーソールにハーフラバーは張るべきか。
ハーフラバーの是非は個々の感覚によるところが大きいので、
中々決着がつかないテーマなんですよね。

デメリットを分析してみると、
・レザーソールの感覚&履き心地が楽しめない
・歩いている時の音が変わる

この2つはなんとも否定しようがありません。
問題は次。

・見た目が悪い

たしかにレザーそのままの方がかっこいいに決まってるんですよね。

まとめ

賛否両論ありますが、足や腰の事を考えれば、
半年程履き続けた靴であれば、
ハーフソールを追加するのがオススメです。

ほんの数ミリのオシャレを気にするより、
靴を大切にする心を優先するのは如何でしょうか。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング