この記事を読んだ人におすすめの記事×

環境問題に向き合ったシューズが誕生!接着剤を使わないエコなシューズとは?

環境問題は今や全世界の問題として我々が対処しなくてはならないものです。そんな中、シューズ業界でも環境問題と向き合ったエコなシューズが存在します!

環境問題は今や全世界の問題として我々が対処しなくてはならないものです。そんな中、シューズ業界でも環境問題と向き合ったエコなシューズが存在します!

目次

機能性も抜群

シンプルなデザイン

シンプルなデザイン

古代の人が履いているものからインスピレーションを受けているということもあり、どんな厳しい状況下でも耐えうる耐久性と機能性も充実。
それでいて非常にシンプルなデザインなんです。

健康面も考えられている

抗菌性コルク

抗菌性コルク

古代の人からインスピレーションを得て作られたシューズですが、現代における我々の健康に関しても考えられています。
医学的な側面から健康的な姿勢を保てるように設計され、抗菌性コルクを使用しているため、履いていくうちに自分の足に合った形へと変化して行くのです!

接着剤を使わない製法

地球温暖化などの環境問題とも向き合っているのがこのシューズの特徴!
通常のシューズはアッパーとアウトソールは接着剤でくっつけている場合がほとんどですが、このシューズでは糸で縫い合わせ、接着剤を使わない製法を取るという斬新なアイデアを採用しています。
それ故に独特でポップなデザインをしています。

ベストヒット商品

柔らかいイタリアのレザーを使ったシューズ。
天然のジュートを混合したアウトソールで、デザイン性も非常に個性的です。

環境を考えたシューズ

私たちが靴を買うときは環境問題についてあまり意識しませんが、環境を考えて作られたエコなシューズがあるなんて驚きですね。
エコでありながら、そのデザインや機能性も良く環境問題に真摯に向き合いつつも、靴としての機能性を維持するその意識の高さは素晴らしいです。

このようなエコなシューズが最も増えることで足元から環境問題を考える人が増えるといいですね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング