この記事を読んだ人におすすめの記事×

雨の日は靴がびちゃびちゃに。知っておきたい靴のための雨対策法

雨の日は靴に水が入ってびちゃびちゃになってしまうことよくありますよね。そうならないために、皆さんは普段どんな対策をしているのでしょうか?

雨の日は靴に水が入ってびちゃびちゃになってしまうことよくありますよね。そうならないために、皆さんは普段どんな対策をしているのでしょうか?

目次

雨の日は出掛けるのが億劫になりますよね。
水が靴に入ってくると不快ですし、一日の気持ちがブルーになります。
雨の日にできる雨対策として、皆さんはどんなことを実践しているのでしょうか?

レインシューズを履く

定番の方法

定番の方法

まずはレインシューズを履くという対策法。
これならまず足元を守られるので安心ですよね。
ブーツのイメージが強いですが、最近ではパンプスタイプのレインシューズもありますので、ファッションに合わせて雨対策が可能です。

撥水スプレーを使う

水をはじく

水をはじく

水をはじいてくれる撥水スプレーを靴に吹きかける雨対策。
これなら水からも守ってくれますし、撥水スプレーをかけることで靴自体が汚れにくくなりますので、メンテナンスの頻度も少なくてOKなんです。

素材にこだわる

しみこみやすい素材はNG

しみこみやすい素材はNG

ムートンブーツやスエード素材のものを雨の日に履いている人を見かけますが、雨がしみこみやすい素材は絶対に履かないようにしましょう。
撥水スプレーをかけたとしても、何時間かたてば効果が薄れてきます。
元々しみこみにくい素材のものに撥水スプレーをかけることが雨対策にちょうど良いですね。

ヒールが低いものを履く

3~4cmがベスト

3~4cmがベスト

これは女性限定の話ですが、雨の日はどうしても地面が滑りやすくなっています。足元が不安定な場合思わぬけがにつながることがありますので、雨対策の一つとしてヒールが高くない安定したものを履くようにしましょう。

突然に雨には?

足を濡らさない対策

足を濡らさない対策

突然雨が降り出してしまった場合は、ちょっと強引ですがビニール袋やポリ袋などを靴下の上からかぶせてはくと効果的です。
はじめは慣れないかもしれませんが、驚くほど足は濡れないのでオススメ!緊急時には是非活用してみてくださいね。

まとめ

その他にも歩き方を小股、内股にしたり、傘の角度に気をつければより雨対策が可能になります。
雨の日は憂鬱ですが、少しでも快適に過ごせるように対策をしてみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング