この記事を読んだ人におすすめの記事×

チューブ入りと瓶入りで役割が違う?乳化性靴クリーナーの正しい使い方

乳化性靴クリーナーは革靴のお手入れにとっても重要なアイテムです。このクリーナーを使いこなせれば、革靴を綺麗に履きこなせるようになりますよ!

乳化性靴クリーナーは革靴のお手入れにとっても重要なアイテムです。このクリーナーを使いこなせれば、革靴を綺麗に履きこなせるようになりますよ!

目次

革靴のお手入れといえば、乳化性靴クリーナー。
革靴の売り場にいけば、必ずと言って良いほど見かけるお手入れアイテムですね。
でもどのクリーナーを使えば良いのかわからない方も多いのでは?
そこで瓶入りとチューブ入りにわけて、ご紹介していきましょう!

基本中の基本!乳化性靴クリーナーの意義

革靴売り場に併設されやすい、靴のお手入れ用品。
そのなかでも乳化性靴クリーナーは、一番の売れ筋商品だそう。
ではそんなクリーナーってどんな役割を持っているのでしょうか。

【乾燥から革靴を守るために必要な水分と油分を与え、艶をも与える役割】

ということで、革靴にとってとても重要な役割を持っていること、お分かりいただけましたでしょうか!

乳化性靴クリーナーって色々ありすぎて迷う…

1.色

無色?黒?茶色?

無色?黒?茶色?

まず迷う要素は色でしょうか。

黒い革靴なら、無色か黒のものを選択すれば良いですね。
しかし色つきの革靴になると、どの色を選択すれば良いのか…

ということで、まず「新品には無色!」と覚えておきましょう。
そして履き慣れてきて、汚れや傷が目立つようになってきたら、「黒には黒!その他色付きは薄目を選択!」と覚えておいてくださいね。

2.無色なのに2種類あるけど!?

正体はデリケートクリーム

正体はデリケートクリーム

同じ無色の乳化性靴クリーナーでも、同ブランドに2種類クリームが販売されていることがあります。
これは片方をデリケートクリームと呼びます。

デリケートクリームは通常の乳化性靴クリーナーに比べて蝋の成分が少な目。
そのために艶出しがあまり得意ではありません。
その分、ムラがつきにくいので初心者向けではありますね。

3.瓶入り?チューブ入り?

形状まで違うとは…

形状まで違うとは…

チューブ入りのほうがお手入れは簡単です。
塗って、はい、おしまい。
その反面瓶入りと違い、汚れを落とす力が弱いのが特徴です。

ですので、毎日のお手入れにはチューブ入りを。
週に1回は瓶入りのクリーナーでお手入れをするのが理想的です。

おすすめクリーナー

やっぱりモゥブレイ!

やっぱりモゥブレイ!

画像の左側のクリーナーです。
モゥブレイは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
乳化性靴クリーナーでは特に一般的なクリーナーです。

そして初心者には、モゥブレイのデリケートクリームが一番のおすすめになります。

革靴は毎日履くもの。
だからこそ日頃のお手入れをかかさずにしていれば、とっても愛着がわきますし、綺麗に保つことができます。
確かに靴は消耗品ですが、だからといって粗末に扱っては可哀想ですよね。
愛着を持って靴と向き合うには、お手入れが必須!

まずはその一歩として、乳化性靴クリーナーを手に入れてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング