この記事を読んだ人におすすめの記事×

汚れやすいオイルレザーをしっかりお手入れ!いつもキレイで清潔に

オイルレザーとは、油分を多く含んだレザー靴。ホコリや汚れがつきやすいため、お手入れをしっかりと行うことが大切です!今回はその具体的なやり方をご紹介します。

オイルレザーとは、油分を多く含んだレザー靴。ホコリや汚れがつきやすいため、お手入れをしっかりと行うことが大切です!今回はその具体的なやり方をご紹介します。

目次

オイルレザーは、登山靴やカジュアルブーツに使われることが多く、革をオイルで仕上げているためオイルレザーと呼ばれています。ハードな移動で使われることが多いオイルレザーは、普段よりも汚れがつきやすいので、しっかりとお手入れを欠かさないことが大切です。

ブラシを使って汚れを落とす

ホコリをしっかり落とそう

ホコリをしっかり落とそう

まずは大ブラシと小ブラシを使って全体のホコリを落としていきます。
全体を大ブラシで、細かい部分は小ブラシを使いましょう。後にクリームを塗った時ホコリを巻き込まずムラなく塗ることができます。

クリーナーを使って汚れを落とす

ホコリを落としたら、今度は靴についた汚れを皮革用クリーナーで落としていきます。以前つけたクリームなんかも一緒に落とせますので、ここでまずキレイさっぱり靴をまっさらな状態にしてあげてください。

汚れが落としきれない場合は

落ちにくい汚れはしっかり洗おう!

落ちにくい汚れはしっかり洗おう!

皮革用のソープを使用し、がんこな汚れを落としていきましょう。
スポンジにソープを染み込ませて、泡立てるように表面を優しく拭きます。
汚れを落とそうとゴシゴシしてしまうと思わぬ傷をつけてしまいますので注意が必要です。

油分補給をする

オイルを革に補給する

オイルを革に補給する

オイルレザーの特徴といえば油分。汚れをキレイに落としたら、油分を革に補給してあげましょう。ここで使うのはミンクオイルというもので、スプレータイプ、リキッドタイプ、瓶タイプなど形状は様々です。

余分なオイルを拭き取る

布を使って余分なオイルをキレイに拭き取ればOKです。
防水性をアップさせるために、防水用スプレーを拭きかけると汚れにくくなるのでオススメです。

まとめ

なんでも、味を出すために汚れをキレイに落としきらずに使う方もいらっしゃるんだそうです。
靴の持つ雰囲気を大事にされたい方は、ソープを使わずにクリーナーのみで汚れを落としても良いですね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング