この記事を読んだ人におすすめの記事×

かかとをリペアするだけなのに気分も歩き心地も爽快!かかとが削れて来たらトップリフトを交換しよう

男性にとっては靴修理でおなじみとなっているトップリフト交換。営業の外回りなんかは消耗が早く、頻繁に利用している方多いのではないでしょうか。簡単そうに見える、トップリフト交換の奥深さをご紹介します。

男性にとっては靴修理でおなじみとなっているトップリフト交換。営業の外回りなんかは消耗が早く、頻繁に利用している方多いのではないでしょうか。簡単そうに見える、トップリフト交換の奥深さをご紹介します。

目次

メンズ革靴のかかとには「トップリフト」と呼ばれるソールがついています。
これは衝撃を吸収するための大切なパーツで、歩く度に削れる消耗品です。

購入後時間がなくて、その部分がすり減っていないか、
ついうっかり確認を忘れてしまう場合がありますが、

それだと上手にバランスがとれなくて、
歩く距離以上に足に疲労が溜まっているかもしれません!

交換時期やトップリフトの種類をご紹介します。

トップリフトとヒール交換時期

削られっぱなしのかかとではかっこ悪い

削られっぱなしのかかとではかっこ悪い

トップリフトとは革靴のかかと部分、
ゴムやゴムと革のコンビになっている場所のことを言います。

写真のようにヒールのベース部分(グレー色の部分)が、
ギリギリまで削れてしまったら、トップリフトの交換のタイミング。

靴の修理屋さんに行って、トップリフトを交換するのがオススメです。

トップリフトの種類

トップリフトの種類の例

トップリフトの種類の例

トップリフトは、大きく分けて2種類に分かれます。
ゴムタイプや写真のようなコンボタイプ、
木製部分とゴムが組み合わさったものが主流です。

コンボタイプには、三日月タイプや鍵タイプなど、
意外にもそのデザインはとっても豊富なんです。

普段歩いている時には見えない部分なのに、
そんなところにまで気をつかえるなんて、
まるで英国紳士のようですごく素敵ですね!

トップリフトの厚さと好み

見えないところのオシャレが素敵

見えないところのオシャレが素敵

トップリフトの厚さも靴屋さんに頼む時、
自分で決めることが出来るんですよ。

修理屋さんいわく、
「厚み7mmがあらゆるドレスシューズと相性抜群です!」とのこと。

交換のタイミングで厚さをかえてみるのも、
面白いですよ。

まとめ

いい靴はシップで選んで買うことだけが楽しみではありません。

大事に履いてトップリフトが削れて来たら、
「どのデザインがいいか?」選ぶ楽しみがある。

高さを換えれば歩き心地に変化が出ることも。
たまにはいい靴を買って長く丁寧に履くにも悪くないですよ!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング