この記事を読んだ人におすすめの記事×

頭からつま先までしっかりキメル!革靴のつま先リペアは自分でできる!

革靴のつま先に傷がついてしまった!
このまま履くのはちょっと、でも修理に出すほどじゃない。
そのようなときに自宅でできる補修方法をお伝えしています。

革靴のつま先に傷がついてしまった!
このまま履くのはちょっと、でも修理に出すほどじゃない。
そのようなときに自宅でできる補修方法をお伝えしています。

目次

毎日の仕事で活躍する革靴。

靴は消耗品ですから傷がついてしまうのはしかたありませんが、
つま先の傷はけっこう目立つものです。

しかし、「傷がついてしまったけど、お店に修理にだすほどではないな」といったこともあります。そのようなときに、自宅で可能なつま先の補修方法についてお伝えしてきますね。

つま先に傷がつく原因は?

大切に履いているのになぜ?

大切に履いているのになぜ?

補修方法の前に、つま先に傷がつく原因を知っておきましょう。

傷がついてしまうのは主に躓いたり、ぶつけたりしたことが原因ですが、
歩き方が一番の原因になってる可能性があります。

例えば、つま先の内側に傷がよくできるのなら、内股になってる可能性が高いです。
ですから、ご自身の歩き方を知り、修正することで傷を防ぐことが可能です。

つま先に傷がついたらまずはヤスリがけ

丁重に凸凹をフラットにしていきましょう

丁重に凸凹をフラットにしていきましょう

傷がついてしまったら、まずは紙やすりを使い表面を慣らしましょう。

細かい目の紙やすりで表面をコツコツと極力平らにしていきます。
とくにデコボコしてしている部分は入念にやすってください。

紙やすりはホームセンターで入手可能ですよ。

仕上げはクリームで目立たなくする

ヤスリがけが終了したらクリームを使用します。

サフィールのカラー補修クリームを綿棒で、薄めに境目をぼかしながら塗っていきます。

カラー補修クリームが乾いたら、靴の色に近い乳化性クリームを塗りましょう。
大抵のキズはこれで目立たなくなり、綺麗になりますよ。

まとめ

「オシャレは足元から」と言われるように、靴の傷、とくにつま先の傷って案外目立つものです。いくらスーツでビッシと決めても靴の傷があったら台無しです。日ごろからリペアしておき、いつもピカピカの状態にしておきたいものですね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング