この記事を読んだ人におすすめの記事×

昔は乗馬用靴だった!?意外と知らないブーツの秘密

もともとブーツは乗馬用として作られました。現在では防寒具としてはもちろん、ファッションの一部としても取り入られています。

もともとブーツは乗馬用として作られました。現在では防寒具としてはもちろん、ファッションの一部としても取り入られています。

目次

寒くなってくるとブーツを履きたくなりますよね。
ところで皆さんはブーツの歴史についてご存知ですか?
ブーツの歴史はとても古く、用途によって種類も多くあります。
今回はそんなブーツの秘密について詳しく見ていきましょう。

ブーツの歴史は古い!紀元前にはもうあった?

原型は紀元前から

原型は紀元前から

実はブーツは紀元前からすでに作られていたみたいです。
昔の人が履いている藁や毛皮で巻かれた靴のことで、
皆さんもドラマや映画などで見たことがあると思います。
もちろん本格的なブーツとは呼べませんが、原型はこの頃からあったみたいですね。

現在とは用途が異なる!ブーツが作られた理由

乗馬用に作られた

乗馬用に作られた

本格的なブーツは乗馬用として作られました。
つま先は馬に乗るための「あぶみ」に入りやすいように尖っており、
また「あぶみ」から落ちないため高いヒールデザインとなりました。
全体として分厚く、しっかりとした作りになっています。

用途は防寒具だけではない!ファッションの一部にも

ファッションとして大人気

ファッションとして大人気

ブーツは防寒具として履く人が最も多いですが、
ファッションの一部としても大いに注目されています。
寒い冬にしか履くことができないため、お金をたくさん使う人も多いようです。
現在では用途がさまざまあるみたいですね。

まとめ

乗馬用として作られたブーツは、
現在では防寒具やファッションの一部として人々に受け入られています。
特にファッションにおいては種類が豊富で、細かく分類されています。
皆さんも今年の冬から積極的にファッションとしてのブーツを履いてみてはいかがですか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング