この記事を読んだ人におすすめの記事×

ラルフ・ローレンも絶賛!?今やファッションアイテムに欠かせないニューバランスの特徴と進化!

ラルフ・ローレンが雲の上を歩いているようだ!と絶賛したファッションアイコンとしても人気の高いニューバランス。若者が選ぶスニーカーの基本中の基本です。なぜニューバランスは人気なのか?ニューバランスの特徴についてまとめました。

ラルフ・ローレンが雲の上を歩いているようだ!と絶賛したファッションアイコンとしても人気の高いニューバランス。若者が選ぶスニーカーの基本中の基本です。なぜニューバランスは人気なのか?ニューバランスの特徴についてまとめました。

目次

ニューバランスについて

Nの文字が印象的なニューバランスのスニーカー

Nの文字が印象的なニューバランスのスニーカー

ニューバランスは、アメリカのマサチューセッツ州ボストン市に本社を置くスポーツシューズメーカーです。

1906年に設立され、1988年に日本で創業が開始されました。

Nの文字が特徴的なニューバランスのスニーカーは、アルファベットと番号の型番によって、シューズの特性が異なります。
特に1300は人気が高く、ラルフ・ローレンが「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したことでも有名です。

ニューバランスのスニーカーは、アルファベットで規格国がわかる

各シューズには名称がない

各シューズには名称がない

前述の通り、ニューバランスのスニーカーは全てアルファベットと番号が名称の代わりとなっており、シューズ自体に名称はありません。

アルファベットは、どの国の規格かを表しています。
M(例M250)…製造がUSAもしくはUK
CM(例CM576)…M廉価版。製造が中国・ベトナムといった東南アジア

製造国がUSAとUKによっても、履き心地が少し異なります。
USA製はインソールのクッション性が高く、UK製は少し細身でシャープ、使用している革も伸びやすいのが特徴です。
東南アジア製は、ポップなデザインやカラフルなものが多く、価格もかなりリーズナブルです。

番号によって異なるシューズの特性とは

ニューバランス500番台のスニーカー

ニューバランス500番台のスニーカー

そしてアルファベットの次に見るのが番号です。番号によってシューズの特性が異なります。

300番台:ランニングやウォーキングのエントリーモデル
400番台:ランニングシューズ中心の細身タイプ
500番台:トレイルランニング系モデル
900番台:ロードランニング系モデル
1000番台:ニューバランス20世紀フラッグシップモデル。

ランニングやウォーキングで履く場合は、自分のスタイルにあったスニーカーを選ぶことをおすすめします。
ファッションアイテムとしてなら、お気に入りのデザインで選んでくださいね。

あなたにあった素敵一足を

意外と知らないニューバランスのスニーカーの特徴。

ファッションアイテムとして若者に人気ですが、ランニングやウォーキングといったトレーニングにも最適なシューズです。

ぜひ一足は持っておきたいアイテムの一つ、あなただけに合った素敵なスニーカーを見つけてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング