この記事を読んだ人におすすめの記事×

対照的なデザインに注目!世界中で愛されているNIKE(ナイキ)ブランドのツートップは?

バスケットボールや野球などのスポーツをサポートし、技術力やデザイン性の優れたスニーカーを提供し続けているスニーカーメーカー『ナイキ』。

ここではそのスニーカーブランドの歴史や定番モデル、主な特徴についてご紹介したいと思います!

バスケットボールや野球などのスポーツをサポートし、技術力やデザイン性の優れたスニーカーを提供し続けているスニーカーメーカー『ナイキ』。

ここではそのスニーカーブランドの歴史や定番モデル、主な特徴についてご紹介したいと思います!

目次

世界各国で注目を集めているスニーカーメーカー「ナイキ」。

野球やサッカーバスケットボールなどあらゆるスポーツをサポートしていて、スニーカーの技術力やデザイン性の高さが圧倒的な人気を誇っています!

こちらではそのメーカーの歴史や定番モデル、主な特徴についてまとめましたので、是非参考にしてください。

1964年にブルーリボンスポーツ社を設立したことから誕生した!

スニーカー製品の輸入販売などが主な業務内容だった!

スニーカー製品の輸入販売などが主な業務内容だった!

1964年にオレゴン大学で陸上部のコーチを勤めつつ、自作のランニングスニーカーを提供していたビル・バウワーマンが、その陸上部の選手フィル・ナイトと資金を共同で出し合ってブルーリボンスポーツ社を設立したことからナイキが誕生しました。

この会社の主な業務としては日本のオニツカタイガーのスニーカー製品の輸入販売や開発が挙げられます。

ブルーリボンスポーツはオニツカタイガーのスニーカーへ、新しいデザインなどを多くの技術や提案を行いました。

それらのスニーカーはアメリカで非常に高い支持を獲得し、スニーカーの人気は飛躍的に拡大してきましたが、1970年頃になるとオニツカタイガーのスニーカーの売れ行きが滞り始め、1971年にオニツカタイガーとの取引を停止し、自社ブランドをスタートさせました。

NIKE【ナイキ】という名前の由来は、ブルーリボンスポーツ社の社員の一人である、ジェフ・ジョンソンが夢で見たギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー(nike)」からです。

そしてワッフルソールを利用したスニーカーがアメリカで大ヒットすると同時に、自社ブランド名であったナイキをそのまま社名に変更したのです。

シンプルなデザインが魅力的な「ナイキエアフォース」

ナイキエアフォースは程よいボリューム感が特徴!

ナイキエアフォースは程よいボリューム感が特徴!

ナイキの定番モデルとしては、シンプルなデザインが魅力的な「ナイキエアフォース」が挙げられます。

アッパーからソール部分に至るまでオールホワイトでまとめられた爽やかなスニーカーで、本革やゴムを採用していて、程よいボリューム感が特徴的です!

ナイキの代名詞といえば「エアマックス」
シリーズ!!

その中でも、エアの視認性を高めた
ビッグウインド(BW)として親しまれ、
大人気のモデルがエア マックスBW。



その4代目として登場したのが、この
「エア クラシックBW」なんです!!

エアフォースの次に代表的なのが「ナイキダンクハイ」

斬新な配色でストリートシーンに活用されるようになった!

斬新な配色でストリートシーンに活用されるようになった!

ナイキエアフォースの次にアイコンモデルとして強い存在感を放っている「ナイキダンクハイ」。

元々はバスケットシューズとして展開されたモデルなのですが、優れた接地感のソールと斬新な配色などからストリートシーンに活用されるようになりました。

NIKE FREE RUN 2 MID

ミッドソール&アウトソールには、軽量性と弾力性に優れた「ファイライト」を採用。
素足に近い履き心地で、履いているだけで筋力ができてしまう機能的な一足です。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は世界中で大人気!スニーカーメーカー『ナイキ』の歴史や定番モデルをご紹介しました。

この記事で紹介したモデル以外に「ブルテッツ」や「インターナショナリスト」などの定番アイテムもありますので、参考程度に留めておいてください!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング