この記事を読んだ人におすすめの記事×

丈がくるぶしより短いか長いか!意外と知らないシューズとブーツの意外な境い目

突然ですが…「シューズ」と「ブーツ」の違い、みなさんは御存知ですか?両者の区別は、ココを見れば簡単につくんです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

わたしたちが外出するときいつもお世話になっているものといえば…そう、履物ですよね。
季節やTPOにあわせてさまざまな履物を使い分けていますが、今回は「シューズ」と「ブーツ」の違いについて簡単にご紹介します。

「シューズ」の定義

足の甲~かかとをすっぽり覆い、くるぶしが見える高さの履物

足の甲~かかとをすっぽり覆い、くるぶしが見える高さの履物

シューズ(靴・短靴)の定義は「足の甲~かかとをすっぽり覆い、くるぶしが見える程度の丈の履物」とされます。

かかとが覆われていないものやストラップ・紐だけで固定されているものは、シューズではなくサンダルとして扱われます。

「ブーツ」の定義

くるぶしより上まで覆う履物

くるぶしより上まで覆う履物

一方、ブーツ(長靴)の定義は「足全体からくるぶし、もしくはそれより上の脚まで覆う履物」とされます。

とはいえ、例えばくるぶしより上まで覆うハイカットスニーカーはブーツに含まれず、逆にくるぶしギリギリくらいの丈しかないブーティーがブーツの一種として扱われるなど、基準が曖昧なものも少なくありません。

アメリカでは、ブーツをシューズの一種とすることも

その場合、短靴はローシューズ(low shoes)と呼ばれる

その場合、短靴はローシューズ(low shoes)と呼ばれる

一般的な定義では「シューズ」と「ブーツ」は別物とされますが、アメリカではブーツがシューズの一種として扱われることもあります。

ブーツとシューズを区別しなければならない場面では、シューズを「ローシューズ(low shoes)」と呼びます。

まとめ

いかがでしたか?

一般的には、丈がくるぶしより短いか長いかでシューズとブーツを見分けることができます。
とはいえ最近では両者の境界線が曖昧になっている例も多く、また国によってはそもそも明確な区別がないこともあります。

履物の世界って、けっこう奥深いですね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング