この記事を読んだ人におすすめの記事×

50年代ロカビリーファッションを彩った「サドルシューズ」。その古き良き時代を感じる魅力とは?

エルビス・プレスリーやジェームス・ディーンによって、当時のアメリカを中心とした若者の間で大流行したロカビリーファッション。
そのアイテムの種類の一つとして知られるのが、サドルシューズです。
古きよきアメリカ文化を代表するこのクラシカルなシューズについての背景、歴史をここでは紹介していきます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

50年代から60年代にかけてのアメリカ。

ジェームス・ディーンやエルビス・プレスリーが、若者のアイコンとして君臨していた時代に、登場したのかサドルシューズです。

2大スターに魅せられた、50~60年代の若者たち。

24歳で夭折してから、永遠の青春を今も生きているジェームス・ディーン。

『エデンの東』『理由なき反抗』で一気にハリウッドのスターダムにのしあがり、24歳の若さで事故死したジェームス・ディーン。
ロックンロールでアメリカのみならず世界を席巻し、後のビートルズにも多大な影響を与えたエルビス・プレスリー。

彼ら二人は50~60年代アメリカの若者文化の象徴として、今なお、語り継がれています。

ファッションアイコンとして、流行らせたアイテム多数!

リーゼントはプレスリーの代名詞。

彼ら2人に共通しているのは、若者の鬱屈した気持ち、大人への反抗心を表出したかのような不良っぽいスタイル。
革ジャン、リーゼント、ジーンズ…当時の若者たちは、こぞって、この二大スターのファッションを真似しました。

ロカビリーファッション=サドルシューズ。

サドルシューズはロカビリーの象徴だった。

サドルシューズは、そんな時代に学生を中心に流行したファッションアイテムです。

アッパーの色の切り替えしてある部分が馬の鞍(サドル)に似ていることから、この名称がついた、件のカジュアルシューズ。

ロカビリーファッションやロックンロール音楽と言ったらサドルシューズ、という認識すらあるほど、当時の若者に受け入れられていたのです。

まとめ

本来は、「サドルオックスフォード」といって、英国紳士に古くから親しまれていたサドルシューズ。

ジェームスディーンが、それまでただの作業用のズボンだったジーパンを愛用していたことから、若者の流行品に、そしてスタンダードファッションの一部となったように、サドルシューズもまた、スターの威光によって、特別な価値付けをされたファッションアイテムなのです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング