この記事を読んだ人におすすめの記事×

ギャル男だけのものじゃない!ワラビーブーツはカジュアルなシーンで大活躍する実力派

『ワラビーブーツ』と聞いて「あー、ギャル男が履くやつね」と言って、靴選びの選択肢から外す方もいるのではないでしょうか?

しかし、このイギリスで50年前に誕生した歴史あるカジュアルシューズは、意外と奇抜ではない、どんな種類のファッションとも相性抜群なのです。

『ワラビーブーツ』と聞いて「あー、ギャル男が履くやつね」と言って、靴選びの選択肢から外す方もいるのではないでしょうか?

しかし、このイギリスで50年前に誕生した歴史あるカジュアルシューズは、意外と奇抜ではない、どんな種類のファッションとも相性抜群なのです。

目次

デザートブーツを世に広めたイギリス・クラークス社によって、1966年に発売された靴がワラビーブーツです。

そもそも、ワラビーブーツって何?

ワラビーと聞いて、大抵の人がイメージするのが、動物園にいるカンガルー科の動物をイメージするかと思います。

実際に靴の先端の部分が、袋のように縫われていることから、この名称になったそうです。

日本で有名になったのは、ギャル男のおかげ?

そんな有袋類の名前を冠するこのブーツ。

日本においては、数年前に、渋谷を我が物顔で闊歩するギャル風メイクの若者、いわゆる「ギャル男」が履いていたことで、有名になりました。

カジュアルなシーンでも意外なほどに活躍!

ジャケットスタイルにもマッチします。

どんなアウターとも相性バッチリ!

ギャル男のアイテムとして、イメージされるが故に、受け付けないという方も多いようですが、カジュアルファッションとしての利便性は抜群!

様々なパンツ・トップスと相性がよく、多彩なコーディネートが可能です。

例えば、くるぶし丈のジーンズに合わせれば、とってもカジュアル!

まとめ

いかがでしょうか?

ギャル男のアイテムと思われがちなワラビーブーツですが、ダウンやジャケット、細めのパンツなど、様々なスタイルと相性バッチリ!

コーディネートの幅が意外にも広いこのブーツ。あなたもためしに一足、持ってみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング