この記事を読んだ人におすすめの記事×

サーファーの愛用品!?今や140ヶ国以上で登録のブーツメーカーのアグ(UGG)の歴史・種類や特徴が秀逸スギル

秋冬シーズンや肌寒さが残る春先に最適なブーツ。最近では夏場にも使用する方が増えていますが、高品質な羊毛や羊皮を使用する、ブーツメーカーのアグの歴史や種類、主な特徴が秀逸スギル

秋冬シーズンや肌寒さが残る春先に最適なブーツ。最近では夏場にも使用する方が増えていますが、高品質な羊毛や羊皮を使用する、ブーツメーカーのアグの歴史や種類、主な特徴が秀逸スギル

目次

厳しい寒さになる秋冬シーズンや肌寒さが残っている春の防寒対策に最適なブーツ。

夏場でもおしゃれのひとつとして活用することがありますが、高品質な羊皮や羊毛を採用したブーツメーカーアグの歴史や種類、主な特徴とはどのようなものなのでしょうか?

今回はその詳細についてご紹介したいと思います。

アグは世界中の140カ国以上に登録されている!

サンダルやシューズ、ウエッジスなども展開している!

サンダルやシューズ、ウエッジスなども展開している!

アグとは米国のデッカーズ・アウトドア・コーポレーションの登録商標のことを指し、アメリカや中国を含んだ世界中の140カ国以上に登録されています。

クラシックなシープスキンが話題を呼んでいますが、サンダルやシューズ、スリッパーズやニットウェア、アウターウェアやウエッジスなど幅広く展開しています!

シープスキンブーツのスタイルを考案したのは、オーストラリア人のサーファー、シェーン・ステッドマンである。[3]彼はオーストラリアの冷たい海でサーフィンをするために、暖かいブーツをデザインした。[3]1971年にステッドマンはオーストラリアでUGH-BOOTSを商標登録し、1982年にUGHの商標を登録した。[4]
1978年やはりオーストラリア人のサーファーのブライアン・スミスが、オーストラリア製のシープスキンブーツをアメリカに持ちこみ、ニューヨークとカリフォルニアで売り出した。そしてアメリカでフットウエアメーカー、UGG Australiaを立ち上げた。[1]UGG Australiaのフットウエアはカリフォルニアのサーファーとハリウッドのセレブに人気を集め、[1]1985年にスミスはUGG Australiaのロゴをアメリカで登録申請し、1987年に登録された。
1995年、アメリカのフットウエアメーカー、デッカーズ・アウトドア・コーポレーションが1,500万ドルでUGGホールディングを買収。[2]翌1996年にはシェーン・ステッドマンも、譲渡金額1万ポンドと、生涯UGGのブーツを年3足貰うことを条件に、オーストラリアでのUGH商標をデッカーズに売却した。

アグは最高品質のシープスキンだけを使用している!

最高の履き心地を楽しむことができる!

最高の履き心地を楽しむことができる!

アグは最高品質のシープスキンだけを使用しています。

中でもツインフェイス・シープスキンと呼ばれるものは、このブーツメーカーの主力アイテムとして使用されている素材で、片側がフリース、片側がスキンになっていて、最高の履き心地を楽しむことができます!

当ブランドが使用する良質の羊毛地シープスキンは通気性に優れ、熱と湿気を逃がして室内でも屋外でも足をドライな状態で体温に近い温度に保ちます。

シープスキンは温度調整に優れた天然素材であるため、シープスキン製品を着用すると、体温を 1 日中適温に調節してくれます。
そのため、UGG Australia のシープスキンフットウェアは 1 年中お使いいただけます。

体温調節のほかにも、A グレードのシープスキンは通気性がよいため、熱と湿気を逃がす特徴があります。

アグブーツにはクラシックショートやウルトラショートなどの種類がある!

アグブーツはクラシックタイプが定番化していて、クラシックショートやウルトラショートなどの種類があります!

クラシックショートは表面が滑らかな皮革で覆ったスマートな印象のデザインブーツで、ウルトラショートはクラシックショートの高級版とされており、実際に比較すると品質が向上しているのが分かります。

★クラシックキャディ
キャディはキュートなニットタイプのブーツ。サイドにボタンが3つ付いており、様々なファッションスタイルにいろんな履き方を作れるようになっている人気モデルです。
→詳細はこちら

★サンダンス・
サンダンス・は柔らかなムートンに、ステッチが可愛いデザイン。
ムートンが表に型どられており、ファーを強調したデザインが特徴的です。

まとめ

今回は高品質な羊毛や羊皮を使用するブーツメーカーのアグの歴史や種類、主な特徴についてご紹介しました。

この記事で紹介した種類だけでなく、最高級の天然ムートンを採用したナイトウォールやベイリーボタンというタイプもありますので、参考程度に留めておいてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング