この記事を読んだ人におすすめの記事×

社会人になる人必見!定番ビジネスシューズのチャーチやジョンロブをチェックしよう

皆さんは普段どんなビジネスシューズを履いているでしょうか?

欧米では靴はその人自身を示すといわれているほど重要視されているものとなるため、靴選びには十分な注意が必要です!

こちらではステキなビジネスシューズを提供するチャーチやジョンロブなどのメーカの歴史や主な特徴についてまとめました!

皆さんは普段どんなビジネスシューズを履いているでしょうか?

欧米では靴はその人自身を示すといわれているほど重要視されているものとなるため、靴選びには十分な注意が必要です!

こちらではステキなビジネスシューズを提供するチャーチやジョンロブなどのメーカの歴史や主な特徴についてまとめました!

目次

欧米では靴は履いている方の人格を示すサインと言われる程重視されているため、慎重にビジネスシューズ選びを行う必要があります!

今回はそのビジネスシューズを提供するチャーチやロンジョブなどのメーカーの歴史や特徴についてご紹介していきましょう。

ビジネスシューズには大きく分類すると6つのタイプがある!

オールマイティに使用できるのはストレートチップ!

オールマイティに使用できるのはストレートチップ!

ビジネスシューズは大きく分類すると6つの種類があり、ストレートチップやプレーントゥ、ウィングチップやモンクストラップ、ユーチップが挙げられます。

就職活動やビジネスシーン、冠婚葬祭などオールマイティに役立つのはストレートチップで、パーティなどある程度フォーマルな際に使用できるのがプレーントゥとなります!個性を演出したい方はウィングチップやモンクストラップが最適です。

「ビジネスシューズ」は最低でも2足~3足、できれば5足あるのが理想です。「ビジネスシューズ」は消耗品です。1足を毎日履き続けると靴も傷むのが早く、履けるスパンが短くなります。やはり「ビジネスシューズ」にも休息が必要です。2足あれば毎日交互に履けますし、雨が降って濡れてしまい1足履けなくなっても予備があると安心です。

チャーチは1837年のイギリスでチャーチ兄弟が設立した!

250もの工程を経過してから生産されている!

250もの工程を経過してから生産されている!

チャーチ社は1837年のイギリスにてトーマスやアルフレッド、ウィリアムのチャーチ兄弟が設立したことから開始されました。

このメーカーはイギリスの高級シューズブランドで、メンズやウィメンズを展開し、グッドイヤー・ウォルト製法という複式縫いの手法を採用していて、250の工程を経過し、生産されています!

まずはドレスシューズの基本、キャップトウ(キャップトゥ、ストレートチップ)からご紹介。

Consul(コンサル、コンスル)は、内羽根式(バルモラル)のストレートチップ。穴飾りがないので、冠婚葬祭(フォーマル)にも対応します。もちろん革底(レザーソール)仕様。

Consulは、チャーチを代表する名品のひとつ。旧名はOsborne(オズボーン)だそうですが、まあ元の名前に戻ったというところか。木型は173番。

Diplomat(ディプロマット)は、パーフォレーションとメダリオンが付いたセミブローグ。迫力のある穴飾りが、チャーチらしくて良いですね。これも名作。

旧名は、Highgrove(ハイグローブ)。木型は173番で、革底。

ジョンロブはジョン・ロブ氏が1849年に設立した!

ジョンロブ氏がオーストラリアで工房を開いたことがきっかけ!

ジョンロブ氏がオーストラリアで工房を開いたことがきっかけ!

ジョンロブとはイギリスの代表的な名門の靴ブランドで、英国王室御用達です。世界のオーダーメイド靴ブランドでも最高峰を誇っており、キング・オブ・シューズと称されています!

ロンドンで修行した靴職人のジョン・ロブ氏がオーストラリアに移住して工房を開き、1849年に自身の名を冠したジョンロブ社を設立したことから開始されました。

今や不動の紳士靴ブランドとして名高いジョンロブ(John Lobb)は、老舗のメンズシューズブランド。本格靴なのにファッションコンシャスなのがジョンロブの特徴です。
今日の私たちが目にしているジョンロブのレディメイド(既製品)は、パリ支店で作られたものがその大半を占めています。
代表的なモデルには「シティ」や「フィリップ」が挙げられます。

まとめ

いかがでしょうか?

今回はビジネスシューズを提供するチャーチやジョンロブなどのメーカーの歴史や主な特徴についてご紹介しました。

この記事で紹介したメーカーの歴史や特徴を認識し、普段のビジネススーツの着こなしをよりステキにするように心掛けてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング