この記事を読んだ人におすすめの記事×

夏になると迷ってしまうことない?サンダルとスポーツサンダルってどこが違うの?

サンダルは板を意味しているギリシャ語のsandalionに由来しています。

夏場などの暑いシーンに大活躍するアイテムのひとつですが、今回はそのサンダルの歴史やスポーツサンダルとの違い、主なメリットについてご紹介していきましょう!

サンダルは板を意味しているギリシャ語のsandalionに由来しています。

夏場などの暑いシーンに大活躍するアイテムのひとつですが、今回はそのサンダルの歴史やスポーツサンダルとの違い、主なメリットについてご紹介していきましょう!

目次

夏シーズンが到来したときに、大活躍してくれるサンダル。”sandalion”という板を気味するギリシャ語に由来していますが、そのサンダルの歴史やスポーツサンダルとの違い、主なメリットとはどのようなものなのでしょうか?

こちらではその詳細についてお伝えしたいと思います!

サンダルは古代ギリシャのローマ人に愛用されていた!

時空を越えて日本の着物文化に魅力的な彩りをプラスしている!

時空を越えて日本の着物文化に魅力的な彩りをプラスしている!

古代エジプトのファラオ達まで歴史が辿れるサンダル。

このアイテムは古代ギリシャのローマ人達に親しまれ続けており、時空を越えて現代日本の着物文化に、美しい彩りをプラスしています!

国内では1932年あたりから木製サンダルが生産されるようになり、1950年あたりからビニール製のタイプが生産されて、ビーチサンダルなど幅広く使われるようになりました。

サンダルは古くからある履物の種類で、様々な材質・形式のものがある。基本的に足の少なからぬ面積が露出しているため、足を守る機能は減ぜられるながら通気性に富み、また柔軟な素材で作られているものは足を過度に締め付けない。その多くが履物一般の内でも軽量である。
なお、上述の「足全体を覆わない紐やバンドで足に止める履物」という定義では、下駄や草履もサンダルの一種ということになる。日本においては下駄や草履はサンダルに含めないことが多いが、ゴム製のサンダルを「ゴム草履」と呼ぶことはある。世界的にも様々な類型があり、その形状も多様で、一般にサンダルとみなされる履物では、伝統的スタイルから派生したものから、現代的な素材とデザインとを導入して、機能性を求めるものまでみられる。

スポーツサンダルは屋外レジャー向けに丈夫に生産されている!

野外レジャー向けのタイプは直接衝撃を受けにくい特徴がある!

野外レジャー向けのタイプは直接衝撃を受けにくい特徴がある!

普通のサンダルとスポーツサンダルの最も大きな違いはスポーツサンダルは野外レジャー向けに生産されていることです。

お値段は少し高値になりますが、滑りにくくソールが厚いため衝撃を直接うけにくいという利点もあります!

最近トレンドになっているのは、スポーツサンダルの中でもTevaなどを代表するストラップサンダルで、こちらは足首などをホールドすることで走っても脱げにくい作りになっています。
普通のサンダルのデメリット(長時間歩くと疲れる、脱げやすい、雨の日には滑る)をカバーできる存在が、スポーツサンダルなのです。

サンダルの最も大きなメリットは脱ぎ履きがスムーズになる!

サンダルの最も大きな利点は通気性に優れていて、脱ぎはぎがスムーズにできるという点が挙げられます。

また、サンダルのほとんどがゴムやプラスチック、ポリウレタンなどの材料を使用しているため、体積より靴が小さいことと併せて軽量というメリットもあります!

中でも女性用に販売されている

サンダルの種類は豊富です。



男女関係なく着用されるサンダルの例としては、

鼻緒のついたビーチサンダルや、

鼻緒のないゴムサンダル、

突っ掛けなどがあります。

まとめ

いかがでしょうか?

今回はサンダルの歴史やスポーツサンダルとの違い、主なメリットについてご紹介しました。

サンダルの歴史やメリットをきちんと理解し、普段の生活にサンダルをうまく取り入れるようにしてください!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング