この記事を読んだ人におすすめの記事×

ニーハイブーツやムートンブーツなどブーツの種類はこんな違いがあった

冬場の寒いシーズンだけでなく、最近では夏場でもおしゃれアイテムのひとつとして活用されているブーツ。

そんなブーツにはどのような歴史があるのでしょうか?

こちらではその詳細やニーハイブーツ、ムートンブーツの主な特徴についてまとめました!

冬場の寒いシーズンだけでなく、最近では夏場でもおしゃれアイテムのひとつとして活用されているブーツ。

そんなブーツにはどのような歴史があるのでしょうか?

こちらではその詳細やニーハイブーツ、ムートンブーツの主な特徴についてまとめました!

目次

秋冬の寒い季節はもちろん、夏場にもおしゃれアイテムとして活用されるブーツ。

そんなブーツにはどのような歴史があり、ニーハイブーツやムートンブーツなどの修理にはどんな特徴があるのでしょうか?

こちらではその詳細についてご紹介したいと思います!

ブーツは乗馬用として生産されたのが始まり!

防寒靴として注目されてから革ブーツが生産された!

防寒靴として注目されてから革ブーツが生産された!

ブーツは乗馬用の足元を保護する目的で生産されたのが始まりとなります。足があぶみに入りやすいように、先端の尖ったつま先デザインを採用し、あぶりからずり落ちないように高めのヒールで作られました。

本来乗馬用のブーツは分厚い革で製造されているのですが、次第に日常の防寒靴として注目を集めるようになり、薄くて履きやすい革ブーツが生産されるようになったのです!

ブーツのベーシックカラーは、黒と茶が有能色。ファッションコーディネートしやすい色なので、一足欲しい色のブーツだ。

黒ブーツのイメージ
モード感、カッコよさあり、シックな装いにグッド!

茶のブーツのイメージ
カジュアル感、キュートに魅せる、フェミニンな装いにグッド!

ニーハイブーツには気になる部分をカバーする利点がある!

足の露出を抑えて気になる部分をうまくカバーする!

足の露出を抑えて気になる部分をうまくカバーする!

ニーハイブーツとは膝上まである丈感の長いブーツのことをいいますが、ブーツ初心者の方には履きこなすのが難しいと敬遠されがちなアイテムです。

実際はその長さが足の露出を抑えるため、気になる部分をうまくカバーしてくれるんです。

そのため、足に自信がない方もショート丈のボトムスにチャレンジすることができるメリットがあります!

丈が長いので一見派手に見えるニーハイブーツなのですが、素材やデザインがたくさんありますので、合わせ方次第では落ち着いた印象も演出できます。
折り返しのあるニーハイブーツは落ち着いた印象があり、特にスエード素材なら上品なイメージで落ち着いた印象を与えます。

更に、細いつま先とシェイプしたシルエットが足を細く見せ、エレガントな雰囲気をつくりだします。

ムートンブーツは革ではなく毛皮の仲間を使用している!

ムートンブーツは裏側に羊毛を採用することが多い!

ムートンブーツは裏側に羊毛を採用することが多い!

ムートンブーツという言葉を耳にすると革をイメージする方が多いかもしれませんが、毛の部分のみを考慮すると革ではなく毛皮の仲間とされています。

このムートン素材と革を組み合わせたジャケットも多大な支持を得ていて、主に羊や豚をスエード加工し、毛羽立たせてから裏側部分に羊毛を採用するケースがほとんどです!

優れた特性を持つシープスキンは、冬は暖かく、夏は涼しく足元を保つことが可能です。湿気を逃がしてくれますのでブーツの中が蒸れることはございません。シープスキンブーツの生まれたオーストラリアでは1930年代より、農夫達を中心に愛用されてきました。近年、海外のセレブが履き始めたのをきっかけに世界中に人気が広まり、日本でも一気に注目を集めました。とにかく暖かく、オシャレで履きやすく、秋冬の定番ブーツにまでなりました。

まとめ

いかがでしょうか?

今回はブーツが生産された歴史とは?ニーハイブーツやムートンブーツの主な特徴についてご紹介しました。

ブーツの歴史や種類による特徴を把握し、普段のファッションをより楽しむようにしてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング