この記事を読んだ人におすすめの記事×

エジプトで売られていた靴がヒント!?靴メーカーの御曹司が考案したデザートブーツとはどんな靴?

様々な種類の靴がある中で、プライベートなシーンでカジュアルに履けるブーツとして、根強い人気を誇る「デザートブーツ」。

デザートとは、英語で砂漠の意味。

考案者が第二次大戦中に得たあるヒントをもとにつくられたこのブーツの歴史を、ひも解いていきます。

様々な種類の靴がある中で、プライベートなシーンでカジュアルに履けるブーツとして、根強い人気を誇る「デザートブーツ」。

デザートとは、英語で砂漠の意味。

考案者が第二次大戦中に得たあるヒントをもとにつくられたこのブーツの歴史を、ひも解いていきます。

目次

人に歴史があるように、モノにもルーツがあります。

それは、何気なく身に付けたファッションアイテムも同様。秘められた過去、そして、誕生秘話があるのです。

よく似ている。デザートブーツとチャッカブーツ。

ここで焦点を当てていきたいのは、デザートブーツ。

2組の紐穴を持ち、くるぶし丈というチャッカブーツと同様のデザインでありながら、靴底に天然ゴム・合成ゴムを用いることで機能性も追求した、1950年代に流行した革靴です。

靴メーカーの御曹司が考案者。

彼がネイサン・クラークその人!

デザートブーツは1950年に、イギリスのクラークス社より発売されました。
考案したのは、ネイサン・クラーク。クラークス社創始者のひ孫であり、彼が第二次大戦中ビルマ戦線に出兵したことが、この世界的定番ブーツが誕生するきっかけとなったのです。

エジプトのバザーで売られていた、奇妙な靴がヒントに。

従軍中、若き日のネイサンは自身が参加していた部隊の中で、奇妙な靴を履いている兵士を見つけました。
それは、くるぶし丈のスエードのブーツ…聞けば、エジプトのカイロへ赴いたときに購入したものだとのこと。

ネイサンは即座にその靴のスケッチを描き、クラーク社へ郵便物として送付。帰国後、それをもとに制作したのが「デザートブーツ」です。

まとめ

開発された当初、デザートブーツは売れる見込みはないと、クラーク社の中では思われていたそうです。

しかし、海外への販売を目指し、1949年にシカゴの靴展示会に出展したことをきっかけに、アメリカの歴史のあるファッション誌Esquireで紹介されるなどして、米国内で大流行!
そこからヨーロッパでも人気商品となり、世界のスタンダードとなっていったのです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング