この記事を読んだ人におすすめの記事×

何気なく履いているデッキシューズ!その歴史を紐解いてみました

簡単に履けるデザインが特徴的なデッキシューズ。なんとなく履いている人も多いのではないでしょうか?ですが、その歴史的背景までは、あまり知られていないと思います。そこで、デッキシューズの歴史をまとめました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

1960年頃、公開された映画から人気に火がつき、日本でも大ブームとなったデッキシューズ。デッキシューズは、別名ボートシューズと呼ばれています。名前の由来のとおり、ヨットやボートで滑らないように工夫が凝らされた靴です。さらに詳しい歴史について、紐解いていこうと思います。

最近再び、デッキシューズが熱い!らしい

ここ数年、毎年のように夏が近づいてくるとデッキシューズが流行しているとささやかれるようになりました。特に、男性に人気があるのだそうです。
それぞれが、それぞれに、自分ならではのこだわりを持ち、靴下を見せないように履いたり、革タイプをチョイスしてカジュアルに決めたりと、おしゃれを楽しんでいるように感じます。

さて、日本でデッキシューズを広めた邦画として有名なものに「太陽の季節」があります。これは、石原慎太郎氏が芥川賞を受賞した同作品を、弟の石原裕次郎主演で制作した映画です。
当時、映画と同じルックスをした太陽族が社会現象になりました。アメリカへの憧れも手伝って、大ブームを巻き起こしたのです。彼らが好んで履いていた靴が、デッキシューズです。

靴の底に秘密あり

ゴムの底が違います!

ゴムの底が違います!

デッキシューズには、水で滑らないように工夫が凝らされています。その特徴として、アウトソール(靴底)があげられます。水を上手に掻きだし、摩擦の力を最大限に引き出すソールが使われています。

普通のシューズにはない、靴底の形が刻み込まれています。

この切れ込みや溝が自動車のタイヤのように効率よく水を排出し、摩擦力を失わないようにしているのです。

靴本体に使われる素材には、キャンバスやオイルレザーがあります。どちらも、靴底が滑らないように工夫されています。

キャンバスのデッキシューズは、濡れることを考えて作られているため、通気性が抜群で、すぐに乾きます。だからこそ、夏に人気が集まるのも納得ですね。
また、オイルレザーのデッキシューズにも、完全防水のゴアテックスを使用したタイプもあります。ですが、お手入れをキチンとしないと長く履くことができません。

命を守るデッキシューズ

船のキャンバス(甲板)は、いつでも水に濡れて滑りやすくなっています。船から落ちることは、命を落とすことにつながりかねません。デッキシューズは、船員の命を守るために誕生しました。

現在のデッキシューズの靴底は、「スペーリソール」と呼ばれる形状が主になっています。これは、犬が雪道を走っているのに滑って転ばないことにヒントを得て、制作されています。

また、ソールに使われるラバーは、とても柔らかいことが特徴としてあります。柔らかいからこそグリップの強度が生まれます。ですが、アスファルトなどを歩いていると、減りが早いのも事実です。あくまでもデッキの上を歩くことを目的としている、デッキシューズの宿命ともいえます。

まとめ

デッキシューズは、甲板に立つ人を守る目的で誕生しました。水に濡れて滑りやすい甲板から、海へ落ちてしまう人が後を絶たなかったからです。かって海上で使われていたデッキシューズも、今では陸上で履く人が増えています。特に、1958年に公開された映画が火付け役となり、日本にデッキシューズの文化が根付きました。命を守るデッキシューズ、大切に履きたいものですね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング