この記事を読んだ人におすすめの記事×

世界で見る!「靴習慣」の日本との違いとは

国によってそれぞれ靴習慣の文化が変わってきます。日本との違いをそれぞれ国別に見ていきましょう。

国によってそれぞれ靴習慣の文化が変わってきます。日本との違いをそれぞれ国別に見ていきましょう。

目次

靴の習慣というのは、日本に慣れていざ海外へ行ってみると驚くことばかりですよね。
当たり前だと思っていることも、国によっては失礼な行為となってしまう場合があります。
そこで今回は、国によっての靴の習慣、文化を見ていきましょう。

アメリカ

アメリカの靴文化

アメリカの靴文化

アメリカは家の中でも靴を脱がないのが一般的です。
日本との気候の違いから、湿気などもあまり多くないため、靴を履いたままでも不快感をあまり感じないことも理由の一つ。ですが、地域によっては靴を脱ぐこともあるんだとか。最近では文化が入り混じっているようです。

中国

同じアジアの中国も、地域によって差があり、日本の靴を脱ぐ文化にびっくりされる方も多いようです。

ドイツ

ドイツの靴文化

ドイツの靴文化

ドイツも、靴を履いたままの地域が多いです。「靴の裏を人に見せるのは失礼」という慣わしがあり、靴は脱がないのが一般的です。

トルコ

トルコの靴文化

トルコの靴文化

トルコも靴を履いたままです。人前で靴を脱ぐのは失礼という文化があり、基本的にシャワーと寝ている時以外は履いています。

様々な考えがある

国によっての文化の違い

国によっての文化の違い

日本では衛生面や気候によって靴を脱ぐ文化が根付いていますが、それだけではなく、昔からの言い伝えや習慣などで守られ続けている文化なんですね。
旅行へ行く際も、国によってではなく、国の地域によっての靴文化をしっかりと調べることが大切なようです。

まとめ

靴を履いたままのほうが、玄関も散らからず楽かなと思いますが、家の掃除を考えると、靴を脱ぐ文化のほうが楽な気もしますね。
地域によっての靴文化、調べてみると新たな発見があるかも?皆さんも是非調べてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング