この記事を読んだ人におすすめの記事×

台湾では靴のプレゼントは失礼になる!?近いのにこんなに違う靴の習慣

わたしたち日本人にとって身近な東アジアだけど、靴に関する意外な習慣がいっぱい!旅行先で恥をかかないよう、ぜひ頭に入れておきましょう。

わたしたち日本人にとって身近な東アジアだけど、靴に関する意外な習慣がいっぱい!旅行先で恥をかかないよう、ぜひ頭に入れておきましょう。

目次

毎日お世話になる靴ですが、国が違えばまったく扱いが異なります。 たとえば日本人は家に入るときに靴を脱ぎますが、欧米では家でも靴で過ごす人が多いですね。 では、靴に関してお隣・東アジアの習慣はどうなっているのでしょうか?

韓国では…玄関でつま先を外に向けて靴を置いてはいけない

いつものクセでやってしまわないよう、くれぐれもご注意を

いつものクセでやってしまわないよう、くれぐれもご注意を

韓国では、日本と同じように家の中で靴を脱ぐのが一般的ですが、脱いだ後の靴を置く向きは正反対!
日本では靴を脱いだときにつま先を外に向けておくのが上品とされますが、韓国では逆に家の中につま先を向けるのがマナーです。

理由は…客が自身の靴のつま先を玄関に向けると「早く帰りたい」という意味に、家人が客の靴のつま先を外に向けてそろえると「早く帰れ」という意味になってしまうためです。

中国では…玄関で靴を脱ぐかどうかは家によってバラバラ

家によってまちまちなので、その都度確認しましょう

家によってまちまちなので、その都度確認しましょう

それぞれの家によっても異なりますが、北方系の人は家の中でも靴のまま、南方系の人は靴を脱ぐことが多いです。もしくは、靴の上からカバーをかけて家にあがることもあります。

日本の玄関のように段差がなく判断しづらい家が多いので、周囲の人の様子をさりげなく観察するか家人に尋ねてみましょう。

中国・台湾の人に靴をプレゼントするのはNG!?

「あなたなんかキライ」と言うのと同じ!?

「あなたなんかキライ」と言うのと同じ!?

日本人の感覚では、ステキな靴をもらうことは嬉しいことですね。
でも、中国や台湾の人に安易に靴をプレゼントするのは避けましょう!

なぜなら、靴をプレゼントすることは「この靴を履いて私から遠ざかってほしい」という意味になるからです。
年齢が高い人ほどタブーを気にするようですが、もらった人が1元を相手に渡して(=買ったことにして)厄払いすることもあります。

まとめ

プチ海外旅行先として人気の東アジアですが、改めて見ると靴に関する文化も随分バラバラです。 慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、発想を転換して習慣の違いそのものを楽しむのも海外旅行の醍醐味のひとつといえますね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング