この記事を読んだ人におすすめの記事×

意外と知られていない?こんなに身近なスニーカーの誕生ヒストリー

誰でも一足は持ってるスニーカー。動きやすく、いろんなコーディネートに使えるスニーカーは、コレクターもいるほどの人気アイテムですよね。本日はスニーカーの名前の由来についてご紹介したいと思います。

誰でも一足は持ってるスニーカー。動きやすく、いろんなコーディネートに使えるスニーカーは、コレクターもいるほどの人気アイテムですよね。本日はスニーカーの名前の由来についてご紹介したいと思います。

目次

そもそもスニーカーって何?

スニーカーとは、布製や革製でゴム底の運動靴の一種のことを指します。今ではスニーカーという名が定着していますが、キャンバスシューズとも言います。

1893年にキャンバス地にラバーソールの運動靴が、ボート競技のために発明されていましたが、現代のスニーカーと呼ばれる形になるのは100年近く後になってからでした。

スニーカーの名前の由来

意外と知らないスニーカーの名前の由来

意外と知らないスニーカーの名前の由来

スニーカーの名前の由来は、英語「sneak(忍び寄る)」から派生しており、柔らかい素材のこの靴を履けば、後ろから静かに忍び寄ることができるという意味から名付けられました。

1916年、Keds社が販売の段階で「静かな靴」ということをセールスポイントに、そのキャッチフレーズの一部から産まれたものでもあります。

流行はいつから?スニーカーの歴史

若者の間で大ブームを巻き起こしたスニーカー

若者の間で大ブームを巻き起こしたスニーカー

1970年代後半から若者を中心にスニーカーブームが到来。キャンバス地や堅い革のスポーツシューズから、スニーカー一色となるほどの大流行を巻き起こしました。

この流行のきっかけには、アメリカでNBAが1976年にABAから4チームを迎え入れ、それを機に各シューズメーカーが大々的にマーケットを広げたことにあげられます。

スニーカーは生活の必需品に

およそ120年も前からスニーカーの歴史がスタートしていたなんて驚きですね。今ではさまざまな種類のスニーカーが販売され、私たちにとって身近な存在であるスニーカーは、生活に欠かせないものとなっていますね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング