この記事を読んだ人におすすめの記事×

時代をさかのぼって調べてみた!120年以上も愛され続けてきた我らが“スニーカー”の歴史

私たちに人間にとって一番身近と言える靴、“スニーカー”。
実は、スニーカーは120年も前から愛され続けてきた歴史の深い靴なのです。

私たちに人間にとって一番身近と言える靴、“スニーカー”。
実は、スニーカーは120年も前から愛され続けてきた歴史の深い靴なのです。

目次

履きやすくて、歩きやすくて、デザインもカッコイイ!
そんなスニーカーについて、あなたにはどれくらいの知識がありますか?

今回は、スニーカーが作られてから今までの歴史についてご紹介していきます。
スニーカーマニアは要チェックです!

スニーカーが誕生したのはいつ?

スニーカー誕生からブームまで

スニーカー誕生からブームまで

スニーカーが誕生したのは、実は100年以上も前、“1890年代”です。
そこから現代のスニーカーになるまで約100年もの時間を用いました。

歴史初のスニーカーが誕生したのは、「1895年」。
リーボックの創業者“ジョセフ・ウィリアム・フォスター”が、靴底に釘を打ちつけたスニーカーを制作しました。
そして、1017年、現在でも愛用者の多い“コンバース”の「オールスター」が完成!

その後、1959年に“オニツカタイガー”がマジックランナーを発表、1968年にはナイキが設立され、1982年には名作となるスニーカーが続々と登場しました。

日本にスニーカーブームが到来!

1990年代に日本でスニーカーブームが!

1990年代に日本でスニーカーブームが!

ナイキが発表した「エアマックス」やリーボックが発表した「ポンプシステム」によって、日本でも徐々に到来していたスニーカーのブームが1990年代ココにて爆発!

このとき、スニーカー専門のお店やファッション誌が登場するなどと、ファッションの中心が“スニーカー一色”になっていたのです!

流行しているスニーカーは盗難に会い、エアマックス狩りも続出、社会現象にもなりました。

2000年代になってもブームはおさまらない!

まだまだスニーカーブームは続く!

まだまだスニーカーブームは続く!

1990年代が終わり、“革新的”なスニーカーの登場は減りはしましたが、その後も各ブランドの開発は止まることなく、最新のスニーカーが誕生し続けています。

2005年には、“裸足感覚のシューズ”とまで言われた「ナイキフリー」が誕生、2006年には360度どこから見てもエアバッグが確認できる「エアマックス360」が誕生、2010年には日本で翻訳出版された“ベアフットランニング”に注目が集まり、2012年にはナイキフライニットが誕生。

スニーカーは現代になっても走り続けているのです。

まとめ

このように100年以上も人々を驚かせ、走り続けてきたスニーカー。

様々な歴史の姿に、興味が深まります。

これからもスニーカーブランドには、新感覚のスニーカーの開発を期待したいですね。
今後もスニーカーの歴史は止まりません!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング