この記事を読んだ人におすすめの記事×

こんなにあったスニーカーの素材!あなたのお気に入りの一足はどのタイプ!?

一人は一足持っているというほど定番の靴“スニーカー”。
今回は、素材別の特徴についてまとめてみました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

履きやすい!楽ちん!見た目もオシャレ!
とにかく万能な靴こそが、“スニーカー”。

“スニーカー”と一口に言っても、種類は様々。
今回は、素材別にスニーカーの特徴をまとめてみました。

数ある靴の中で、あなたにぴったりのスニーカーが見つかるよう、参考にしてくださね。

天然皮革のスニーカー

動物の皮を鞣して革にした素材を、“天然皮革”と言い、別名“本革”とも言われます。

鞣し(鞣し)とは、皮を薬品に浸け腐敗を防ぎ、柔軟性と耐久性を加えながら、動物の“皮”から靴として加工できる“革”にするための重要な工程です。

天然皮革には様々な動物の皮が使われており、それぞれ特徴が変わってきます。



最も一般的な皮革で、牛革は鞄や靴をはじめ財布、ベルトなどの小物類まで用途も幅が広いです。

スニーカーでは殆どの場合、牛革(オックスハイド)が使用されます。オックスハイドとは雄牛の革のことを指します。
牛革の種類

牛革は牛の年齢・性別によって名称が変わります。


カーフスキン
生後6ヶ月以内の仔牛の革。
革が薄く、しなやかでキメが細かい革です。傷も少ないです。

キップスキン
生後半年から1年の牛革。
カーフの次にきめ細かく上質です。またカーフより革が厚くて丈夫です。

カウハイド
生後2年以上の雌牛の革。
ステアハイドより薄くて柔らかいです。

ステアハイド
生後2年以上で尚且つ生後3~6ヵ月の間に去勢された雄牛の革。
カウハイドより厚手で丈夫です。

ブルハイド
生後3年以上の雄牛の革。去勢はしていません。
革に厚みがあり強度があります。
革の加工によるレザーの種類

次に、革に加工を施すことによって出来たレザーの種類を紹介したいと思います。


フルグレインレザー(銀付き革/本染め革)
鞣して染色したのみで、銀面(表面)をそのまま活かした革のこと。

スプリットレザー(床革)
銀付き革の下層の革のこと。
革は分厚い為、スライスする必要があります。その時に分割された銀面が無い方の革です。
フルグレインレザーに比べコストが安いのが特徴です。

スウェード
革の裏面をサンドペーパーなどで磨いて起毛させた革のこと。

ベロア
革の裏面をサンドペーパーなどで磨いて、スウェードより毛足を長く起毛させた革のこと。

ヌバック
革の銀面(表面)をサンドペーパーなどで磨いて起毛させた革のこと。
スウェードは裏面を加工するのに対し、ヌバックは表面を加工したものです。
ヌバックの特徴は、スウェードより毛足が短くベルベット状(ビロード状)です。

ガラスレザー(ガラス張り革)
鞣した革をガラスの板やホーローの鉄板に張り付けて乾燥させ、その後サンドペーパーなどで銀面(表面)を磨き、合成樹脂を塗装してある革のこと。
表面に光沢があり、撥水性があるのが特徴です。
見た目はエナメルと似ていますが、加工方法が異なります。

エナメルレザー
鞣した革にウレタン樹脂塗料を施してある革のこと。
表面に光沢があり、撥水性があるのが特徴です。
パテントと同意。

パテントレザー
鞣した革にウレタン樹脂塗料を施してある革のこと。
表面に光沢があり、撥水性があるのが特徴です。
エナメルと同意。

エンボスレザー(型押しレザー)
革の表面にプレスによって模様を付けた革のこと。
皺(しぼ)模様やクロコダイル、リザード(トカゲ)の模様を付けることができます。

オイルドレザー(オイルレザー)
革を鞣す時に、オイルを染み込ませた革のこと。
よりしなやかにし、耐久性を増したものです。

シュリンクレザー
鞣しの工程中に特殊な薬品を用いて銀面(表面)を縮ませた革のこと。
革の表面がシワ模様になっているのが特徴です。
カンガルー
カンガルースキンは非常に柔らかく、軽量で耐久性もあります。
サッカーシューズの場合、以前は最高級マテリアルとしてトップモデルによく使用されていましたが、現在は人工皮革が主流になっています。
スニーカーでカンガルーレザーと言えば日本製のカントリー(AC1540)です。


豚革(ピッグスキン)は耐久性、通気性に優れています。
スニーカーの場合はピッグスキンスウェードとして、アッパーに使われることが多いです。
1990年代のガッツレーやハンドボール スペシャルはピッグスキンを使用しています。アッパーが色褪せるとピッグスキンの特徴である3つセットとなった毛穴痕がはっきりと確認できます。

ガゼル
現在のシューズにガゼル革は殆ど使用されることはありませんが、古いアディダスのスポーツシューズにガゼルレザーが使われている場合もあります。

天然繊維のスニーカー

天然繊維の特徴

天然繊維の特徴

その名の通り、植物や動物、鉱物などを原料とする繊維を“天然繊維”と言われています。

ほとんどのスニーカーの場合は、アッパーに“植物繊維”が使われていることが特徴です。

綿/麻

キャンバス(帆布)
綿、麻などの天然素材を平織りにした厚手で丈夫な生地のこと。

デニム
インディゴによって染色した縦糸と漂白した横糸で綾織りにした厚地の綿布のこと。
主にジーンズに使われる濃紺の生地です。

ヘンプ
麻から取れた繊維のこと。

人造皮革のスニーカー

人造皮革の特徴

人造皮革の特徴

革に似せて作られた人工的な素材のことを“人造皮革”と言い、別名“合皮”と言われることもあります。

人造皮革は、主に合成皮革と人工皮革の二種類に分類されていることが特徴です。

合成皮革
合成皮革は、天然の布地を基材とし、合成樹脂を塗布したものです。

人工皮革
人工皮革は、不織布を基材とし、合成樹脂を塗布したものです。


カンゴーラン
過去にアディダスが商標登録していた人工皮革。
開発・製造はカール・フロイデンベルグ社。

クライマレザー
帝人コードレ株式会社?が開発した人工皮革をアディダスがクライマレザーと称して使用。

クラリーノ
株式会社クラレが開発した人工皮革。

グランキュール
出光興産株式会社が開発した人工皮革。

コードレ
帝人コードレ株式会社が開発した人工皮革。

ベルエース
株式会社フィルウェルが開発した人工皮革。

化学繊維(人造繊維)のスニーカー

化学繊維の特徴

化学繊維の特徴

化学繊維は、「合成繊維」、「半合成繊維」、「再生繊維」、「無機繊維」の4つに分類されていることが特徴です。

合成繊維
合成繊維の代表的なものはナイロン、ポリエステル、アクリルです。
スニーカーの場合、アッパーにはナイロンが使われます。

ナイロン
軽量で通気性の良い素材です。

ナイロンメッシュ
ナイロンを網目状に編んだ生地のこと。
放熱性、通気性に優れています。

ナイロンサテン
ナイロンを朱子織にした生地のこと。
サテンは光沢があるのが特徴です。

まとめ

スニーカーには様々な種類と特徴があることが分かりました。

素材によって特徴が大幅に異なるため、自分の用途や好みに合ったスニーカーを選び購入しましょう。
ぜひ、靴選びの参考にしてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング