この記事を読んだ人におすすめの記事×

靴のサイズ表記はこんなに種類がある!日本、アメリカ、ヨーロッパ、韓国の違いを解説

靴のサイズ表記は日本と海外では異なります。うっかり間違えて買わないようにサイズの表示の仕方について知っておきましょう。

靴のサイズ表記は日本と海外では異なります。うっかり間違えて買わないようにサイズの表示の仕方について知っておきましょう。

目次

買ったのに履けない!

アウトレットなどで靴を買ったり、海外ブランドの靴が好きな人もいるでしょう。そのとき、いつも考えてしまうのがサイズのこと。「このサイズって自分に合ってるの?」と一瞬考えてしまうのは、サイズの表記方法が日本と海外とでは異なっているからです。

せっかく買ったのに合わなかったなどということがないように、各国の靴の表記をおさえておきましょう。

日本の靴のサイズ表記

日本の靴の表記は0.5cmずつのセンチメートル表記です。センチメートルかつ0.5刻みというのは、日本では当たり前ですが海外ではとても珍しいです。

靴の規格を簡単に言うと、日本とヨーロッパ(フランス)はcm、イギリスとアメリカはinch。でも同じ規格でも、国ごとにそもそもの基準が違うので同じcm、inchでも表記が異なり、これが表記が複雑な原因になっています。

アメリカの靴のサイズ表記

1インチ=約3.3cmです。日本サイズとアメリカサイズを対照してみると、次のようになります。
【女性靴のサイズ】
23.5の場合アメリカサイズでは6、24.0の場合アメリカサイズでは6.5
【男性靴のサイズ】
25.0の場合アメリカサイズでは7、25.5の場合アメリカサイズでは7.5

ヨーロッパの国のサイズ表記

まず、日本の1cmはヨーロッパの2/3cm。すると、日本:23.5cm=アメリカ:6inch=ヨーロッパ:36と1/2cmとなります。

これだけで済めば話は簡単なのですが、実は、ヨーロッパサイズは日本のように0.5cm刻みではありません。なんと3.3mmごとに変わるのです。

となると、相互のサイズはどんどんズレていくことになり、たとえば日本サイズで24cmならヨーロッパサイズでは37か37と1/2cmの間になってしまいます。こうなると実際に靴を履いてみるしかなさそうです。

韓国のサイズ表記

ミリ(mm)です

ミリ(mm)です

おしゃれな国、お隣の韓国の靴を購入するときもご注意を。なんとこちらはミリメートル(mm)。日本サイズで23.5は韓国では235です。面白いものですね。

結局、靴の表記はその国の利便性でつけられているもので、統一規格はないといっていいでしょう。形によって同じサイズでも履き心地が違うように、靴のサイズはあくまで目安でしかありません。やはり実際履いてみるのが一番です。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング