この記事を読んだ人におすすめの記事×

意外と自分でできるもの!パンプスのソール・ヒールのリペア方法

今回は、自分でできるパンプスのソール・ヒールのリペア方法について解説します。ソールがボロボロだったり、ピンヒールの芯が出て歩くたびにカツカツ鳴ったりすると、イイ女度が下がっちゃうかも!手始めに、手持ちのパンプスの状態をチェックしてみましょう。

今回は、自分でできるパンプスのソール・ヒールのリペア方法について解説します。ソールがボロボロだったり、ピンヒールの芯が出て歩くたびにカツカツ鳴ったりすると、イイ女度が下がっちゃうかも!手始めに、手持ちのパンプスの状態をチェックしてみましょう。

目次

ヒール部分の修理

ヒールのゴム、すぐに磨り減っちゃう!

ヒールのゴム、すぐに磨り減っちゃう!

自分が今履いているパンプスの底はなかなか自分では見えないけれど、階段を上り下りするときなどに意外と人に見られるものです。このときにお手入れが不十分だと、「だらしない人」「貧乏くさい人」などと思われてしまうかも!?
お気に入りのパンプスを長く履き続けたいなら、自分でリペアしちゃいましょう。

どんな靴でも履けば履くほど底が磨り減るものですが、パンプスの場合磨り減りがもっともわかりやすいのがピンヒール部分です。ゴム部分が磨り減って金属芯が出てくると、歩くたびにカツカツと音がします。しかもただでさえ細いヒールがますます不安定になり、ヒールの外にはみ出たゴムがぐしゃぐしゃになって見栄えも悪くなってしまいます。

ピンヒールのゴム交換

いろんなサイズのゴムパーツ

いろんなサイズのゴムパーツ

確実に修理するなら靴修理店にお願いするのが一番ですが、手先に自信があれば自分でゴムを交換することもできます。
いろんなサイズのゴムパーツが売られているので、交換したいヒールの形に合うパーツを購入しましょう。ニッパーやペンチを使って古いゴムと金属芯を取り除き、抜いた部分に新しいゴムパーツをはめてハンマーで叩いて固定します。
いきなり高価な靴でやると、誤ってキズをつけたりしたときのショックが大きくなります。まずは、安いパンプスで練習することをおすすめします。

靴補修材でかかとの磨り減りを解消

太いヒール・ローヒールパンプスのかかとの磨り減りには、ペースト状の靴補修材も便利です。靴底の色に合わせた補修材を磨り減った部分に塗って十分に乾かし、その後ヤスリなどで表面を整えます。
写真は男性用の靴ですが、パンプスにも同じ要領で使用できます。

ヒールのキズのリペア

皮革用のキズ補修材

皮革用のキズ補修材

ヒール部分にも革が巻いてあり、なおかつ小さいキズであれば、皮革用の補修材で直すことができます。マニキュアタイプ・ペンタイプなど、扱いやすい形状のものもあります。

革用染料でキズを目立たなくする

革用染料でキズを目立たなくする

ヒール部分が革なら、革用染料でヒール全体を染めて目立たなくしてしまう方法もあります。周囲に染料が付いてしまうと落ちないので、あらかじめ染めたくない部分をマスキングテープなどで保護しておきましょう。
キズ隠しだけでなく、飽きたパンプス全体を染めてイメチェンすることも可能です。

黒い部分なら、マジックで塗るのもアリ!?

黒い部分なら、マジックで塗るのもアリ!?

黒パンプス限定の方法ですが…小さいキズの応急処置なら、油性マジック・黒いマニキュアなどで塗ってしまうのもいいかもしれません。

ソールの張替え

カラフルなハーフソール

カラフルなハーフソール

前半分のソール(靴底)が磨り減ったり剥がれたりした場合は、ハーフソールを使って修理します。パンプス用のソールは男性用よりカラフルなので、手持ちのパンプスに合う色を選びましょう。

貼る前に全体をヤスリでこする

貼る前に全体をヤスリでこする

まずは靴全体の汚れをしっかり落とし、ハーフソールを貼りたい部分に目のこまかいヤスリをかけて整えます。これをやらないと接着剤がしっかりつかず、剥がれやすくなります。
新しいソールの裏・靴の裏両方に瞬間接着剤をまんべんなく塗り、ソールをしっかり貼り付けます。

触ってもべたつかなくなるくらいまで乾いたら、より強くくっつけるためにハンマーでソール全体を叩きます。端部分ははがれやすいので、特に念入りに叩きましょう。
最後にソールのはみ出た部分をヤスリなどで整え、必要に応じて靴墨などを塗って仕上げます。

もともとのソールがレザー製の場合、見た目が良くしなやかな反面水に弱くすべりやすいというデメリットがあります。それを防ぐために、購入後すぐにハーフラバーソールを貼り付けることもあります。
レザーならではの良さが半減するので賛否両論ですが、雨の日に使うことが多いならハーフラバーソールがあると安心ですね。

ダメージがひどい場合は、靴修理店にお任せ

もともと高価なパンプスだったりキズ・剥がれが大きすぎて自分で直せないような場合は、割り切って靴修理店にお任せしましょう。
靴修理店の店舗はたいてい駅前や大きい商業施設などにあるので、忙しい人でも通勤・買い物の途中で気軽に寄れそうですね。

お気に入りのパンプスを長く履き続けたいなら、自分でリペアする方法を知っておくと便利ですね。お読みいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Repair新着

      Repairランキング

      総合新着

      総合ランキング