この記事を読んだ人におすすめの記事×

まずは自分でやってみよう!剥がして張り直すだけの簡単インソールのリペア法

レディース靴は外側は綺麗にお手入れしてツヤツヤに保っていても中敷きであるインソールはどうしても傷んでしまいます。そんなレディースインソールのリペアも合皮素材なら自分で交換出来るのです。

レディース靴は外側は綺麗にお手入れしてツヤツヤに保っていても中敷きであるインソールはどうしても傷んでしまいます。そんなレディースインソールのリペアも合皮素材なら自分で交換出来るのです。

目次

大事な靴はリペア前提で履き続けたいものです。あまりにも難しい部分のリペアは自分では無理ですが、割合簡単に修理出来る箇所もあります。

その中でレディース靴のインソールはある程度慣れればだれでも綺麗にリペア可能な箇所でもあります。
そんなレディースインソールの素材は合皮と革などがありますが、手軽なものとしてまずは合皮素材をオススメします。

1.インソールの状態を把握しよう

状態を確認して早めに交換

状態を確認して早めに交換

せっかくのおしゃれなレディース靴もインソールがぼろぼろになってしまうとお出かけに履いて行けなくなってしまいます。

レディース靴のインソールは気付いた時にはかなりくたびれていたりしませんか?何しろ靴と足の間で摩擦が生じるのを滑らないように支えているのがこのインソールの役割です。
インソールが悪くなると足に負担が掛かり、マメが出来たり、皮が剥けたりと、思わぬ負傷に繋がりかねません。お気に入りの靴ほどきちんとした管理が必要です。

2.まずは古いインソールを剥がします

古いインソールを綺麗に剥がしてみましょう

古いインソールを綺麗に剥がしてみましょう

無理をしなければ割りと綺麗に剥がれます。

レディース靴のインソールを剥がすにはまずつま先側からゆっくりと剥がしてください。インソールの下にはクッション材などが詰められていますので、それらを破損しないように注意しましょう。
途中に破れている箇所などがあるとちぎれたりするかもしれません、丁寧に剥がしてください。この元のインソールも大切です。

3.新しいインソールをカットして貼り直しリペア

古いインソールから型紙を作って新しいインソールをカット

古いインソールから型紙を作って新しいインソールをカット

前と同じに出来上がりです。

綺麗に剥がした古いインソールに合わせて型紙を作り、それを元に新しいインソールをカットします。その為、出来るだけ古いインソールは綺麗に剥がした方が良いのです。この時左右の向きを間違わないようにしてください。
インソールを貼り付けるには専用のゴムのりが必要です。これは自転車のパンク修理用にも使われているので、ホームセンターや100円ショップでも販売しています。靴と新しいインソールの両方に塗って、ベタベタしなくなったら強く押し付けて接着します。

まとめ

インソールの自主交換は最初は失敗してもそれほど高くつかない合皮のインソールを使った方が良いでしょう。

慣れてきたら色々な素材で試す事も出来ますが、まずはレディースインソールとして販売されている物を使ってみてください。

専門ショップにレディースインソールリペアを頼むと大体1500円前後程度が相場です。
良い物は専門店に頼んだ方が間違いがないという事もありますので、慎重に考えて自主リペアに挑みましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Repair新着

      Repairランキング

      総合新着

      総合ランキング