この記事を読んだ人におすすめの記事×

靴を脱ぐことは”はしたないこと”!?ヨーロッパでは寝るとき意外は靴を履いている理由とは?

海外に旅行行ったり、海外の映画や小説を読んでいると感じる、日本との文化の相違。特に生活レベルでの違いは、著しく、中でも有名なのが、玄関で靴を脱ぐか脱がないかの違いです。
日本人が玄関で靴を脱ぐのは常識として、アメリカやヨーロッパでは、いつ靴を脱ぐのか?それは、どんか考えに起因する習慣なのか?
ここで説明していきます。

海外に旅行行ったり、海外の映画や小説を読んでいると感じる、日本との文化の相違。特に生活レベルでの違いは、著しく、中でも有名なのが、玄関で靴を脱ぐか脱がないかの違いです。
日本人が玄関で靴を脱ぐのは常識として、アメリカやヨーロッパでは、いつ靴を脱ぐのか?それは、どんか考えに起因する習慣なのか?
ここで説明していきます。

目次

日本とヨーロッパ。飛行機で10時間以上かけないと到着できないほど、離れた場所にある両地域には、当然、大きな文化的差異があります。

常識の違いから見えてくる、文化の違い。

ほんと、そのとおりです。

ほんと、そのとおりです。

日本人としての常識が海外では通用しないー

よくある話です。

特に文化の違いを語る上でドが付くほど語られる、定番な話題としては「靴を家の中で靴を脱ぐか脱がないか」というテーマではないでしょうか?

家の中で靴脱ぐ日本人、土足の外国人。

テレビなどで耐性はあると思いきや、実際に肉眼で見たら「本当に土足だよ…」と思うのでしょう。

テレビなどで耐性はあると思いきや、実際に肉眼で見たら「本当に土足だよ…」と思うのでしょう。

アメリカ・ヨーロッパをテーマにしたドラマや映画を見ていると、たまに目にする、土足で室内に上がる登場人物たち。

そのシーンを初見の時、大きな違和感を覚えたという方はきっと多いはずです。

ヨーロッパ人が脱ぐのは、シャワーのときとベッドで寝るとき。

ベッドの上ではさすがの彼らも、靴を脱ぐようです。

ベッドの上ではさすがの彼らも、靴を脱ぐようです。

彼ら・彼女らは一体、いつ靴を脱ぐのか?というと、表題にもある通り、シャワーとベッドで就寝するときだけだそうです。

両方とも、人間が油断している場面、トップ2ともいうべきシチュエーションです。

まとめ

ここに、日本と西洋における「靴を脱ぐという行為」の、認識の違いが関係しています。

日本では玄関先で靴を脱ぐことは常識。しかし、ヨーロッパでは「はしたないこと」と捉えられています。


そういった靴脱ぎ忌避の意識から、唯一逃れられる安息場所が、風呂場とベッドというわけです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング