この記事を読んだ人におすすめの記事×

コールハーンやグレンソン、バーカーなどビジネスシューズの代表的メーカーの歴史や靴の特徴

普段のスーツ姿をより格上げするためにはスーツ選びを重視するのではなく、着用するビジネスシューズにもこだわる必要があります。

こちらではおしゃれの格上げ効果が期待できる、コールハーンやグレンソン、バーカーなどビジネスシューズの代表的メーカーの歴史や靴の特徴についてまとめましたので、参考にしてください!

普段のスーツ姿をより格上げするためにはスーツ選びを重視するのではなく、着用するビジネスシューズにもこだわる必要があります。

こちらではおしゃれの格上げ効果が期待できる、コールハーンやグレンソン、バーカーなどビジネスシューズの代表的メーカーの歴史や靴の特徴についてまとめましたので、参考にしてください!

目次

普段のスーツ姿をよりスタイリッシュに決めるためにはスーツ選びだけでなく、履くビジネスシューズ選びにも重視する必要があります。

ここではコールハーンやグレンソン、バーカーなど代表的なビジネスシューズのメーカーの歴史や靴の特徴について集めましたので、着こなしの参考にしていただければと思います!

アメリカを代表するブランド「コールハーン」

エディ・ハーン氏という靴職人によって創立された!

エディ・ハーン氏という靴職人によって創立された!

コールハーンとは米国の名門高級靴ブランドのことをいい、1928年のシカゴにてラフトン・コール氏やエディ・ハーン氏という靴職人によって創立されました。

1950年代に突入するとアイビー&プレッピーたちの間で話題を呼び、アメリカントラッドの代表的なブランドとして知名度を確立していくのです!

コールハーンのブランドは当初、紳士靴から始まりました。
革製の紳士靴を作り続け、しだいにラインを拡大していきました。


コールハーンの紳士靴の種類は意外に少なく、
スリップオン、チャッカ(ブーツ)、オックスフォードなどがあり、
さらにナイキとのコラボレーションによって作られた、
ナイキエアというラインまであります。


コールハーンの紳士靴は全体的に、
スポーティタイプのものが多い傾向にあります。

そのため、通勤で徒歩が多いとか外回りが多い、
というサラリーマンには特に重宝される靴であると言えるでしょう。

イギリスの名門ブランド「グレンソン」

英国靴の名門中の名門メーカーである!

英国靴の名門中の名門メーカーである!

グレンソンとは、1866年に創業されたイギリスの靴ブランドのことを指します。

英国靴の名門中の名門であり、靴職人たちが手作業で丁寧に生産するひとつひとつの靴には、200以上もの作業工程と2ヶ月以上もの月日が必要になります!

日本でグレンソンの靴が手に入るようになったのは、事実上1980年代に入ってから。当初はSHIPSなどのセレクトショップに置かれ、スマートながら朴訥にも見える燻し銀的な存在だったと記憶しています。また他のイギリスのメーカーがナカナカ手を出さない、ブーツやリザード(トカゲ革)の靴に強いブランドとして、言わば通受けする存在でした。そんなグレンソンの靴の顔立ちがガラッと変わり、質実な中にも洗練さが一気に加わるようになったのがちょうど今から10年前、1997年辺りからでしょうか。表情のみならず全体的な品質が著しく向上し、それを歓迎するかのように1999年から日本の窓口が名門・大塚製靴に変わると、知名度も一気にアップして今日に至っています。

イギリスの老舗ブランド「パーカー」

質の良さと良心的な価格帯を提供している!

質の良さと良心的な価格帯を提供している!

バーカーとは、1880年に創業された本場英国の老舗ブランドです!

このブランドが提供する革靴は現在でも伝統の工法を行っていて、熟練された最高の職人達の手により製造されています。質の良さと良心的な価格帯で、伝統を守りながら英国革靴の間口を広げていっています。

一部機械化しているものの、多くの工程は未だに手作業。Barker(バーカー)の靴はその種類の豊富さも魅力の一つ。ブーツ、ローファーといった靴の種類ももちろんですが、一部にツイードやスエードを使った靴もあり、見ているだけでも飽きません。

まとめ

いかがでしょうか?

今回はコールハーンやグレンソン、バーカーなどビジネスシューズの代表的メーカーの歴史や靴の特徴についてご紹介しました。

それぞれの歴史や靴の特徴を把握し、より洗練されたスーツスタイルを楽しむようにしてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング